そういえば、僕が小さい頃、「ビックリマンチョコ」の買い占めがありました。「おまけ」のシールだけ抜き取ってチョコだけ大量に残すというのが社会問題になりましたけど、インスタグラムに起こっていることと全く同じじゃないですか。

 ビックリマンチョコも、所有というワンステップを置いているだけで、最終的にはレアなシールや強いシールを見せびらかして承認欲求を満たしていたんです。ビックリマンシールは今でいう「いいね」ボタンでしょう。別に最近の若者が病んでいるわけでもなく、いつの時代でも若者というのは、承認欲求を得るためにバカなことをするやつが一部いるということなんです。

 要は人間の本質って20年、30年では変わりません。ただ、インスタグラムなどのSNSがこれだけ普及すると、ツールが生まれた分、行動も変わってきます。例えば、最近の若者は「写真動機」と呼ばれる動機をもとに行動をしているんです。昔ならおいしいものを食べに行き、いい景色だったから結果として写真を撮っていました。でも、今は旅に行くにしても、SNSで画像検索をして、例えばウユニ塩湖でジャンプした写真を撮りたいからウユニ塩湖に行こう、となります。目的と動機の主従が逆転しているんですね。常にスマホでカメラとSNSを持ち歩いている現状があるからこそ、そういう行動動機になるのは必然といえます。20年前でもカメラとSNSを渡したら同じようになっていたはずです。
インスタグラム投稿例
インスタグラム投稿例

 もう一つ、インスタグラムを利用する女の子の特徴的な行動として、「間接自慢」というものがあります。要するに婉曲表現、間接表現による自慢ということです。

 例えば、「私、彼氏ができました。ラブラブです」という彼氏とのツーショット写真は絶対に載せない。「栃木の温泉にきています。今旅館でごはん中です」というコメントとともに写真を載せるのに、本来だったら真上から料理を撮ればいいものを、なぜかちょっと引いて撮る。その角度の先に2人分のお皿がチラッと見える。「この子彼氏と来ているの?それとも女友達?」というくらいに匂わせる手法を間接自慢というんです。

 この手法を使っている女の子はかなり多いですね。青春18切符を写真に撮って、「これで貧乏旅しています」といいながら、ブランドもののバックをさりげなく映り込ませたり、「今日は東京タワーに来ています」と運転席から東京タワーを引きで撮り、さりげなく車のエンブレムを映り込ませたり、そしてその車がフェラーリだったりするんです。

 この間接自慢は、写真を中心にコミュニケーションするインスタグラムの象徴的な文化でしょうね。そもそも写真というものは、いろいろなことを示唆できる。それを一般の女の子たちが気軽に使って表現できるようになったがゆえに、間接的に自分を自慢する行為が生まれたんです。