常見陽平(千葉商科大学国際教養学部専任講師)

 やっぱり苦手である。「週刊少年ジャンプ」(集英社)の看板作品である『ONE PIECE(ワンピース)』だ。この作品、理解はできるが、まったく共感できないのである。

 この作品が良い商品であることは間違いない。なんせ、約20年にわたって売れ続けているのである。TVアニメ化、映画化されたのは言うまでもなく、関連商品もよく売れている。海外にも広がっているという。ビジネスの世界においては、良い商品とは、売れている商品である。激しく売れているという点で、ワンピースは素晴らしい。

 売れる理由もよく分かる。海賊という設定、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を求めて旅をするという世界観、ルックスがよくキャラ立ちしていてそれぞれが人生のビジョンを持っている登場人物たち、痛快な戦闘シーン、笑って泣ける人間ドラマ。深く作りこまれている作品だと思う。しかも、ずっと作品を続けやすいフォーマットになっている。前述したように、TV化、映画化、商品化、グローバル化により、「大ワンピース経済圏」が作られていく。売れるスパイラルになっているのである。この、売れる仕組み作りができている点においても素晴らしい。
2012年3月、東京・六本木で行われた「ONE PIECE展」に出展された単行本第61巻の表紙を再現した模型
2012年3月、東京・六本木で行われた「ONE PIECE展」に出展された単行本第61巻の表紙を再現した模型
 ただ、うがった見方をするならば、全てが確信犯的で、まるで勉強熱心な若手社員がさまざまなビジネス書を読みこんで書き上げた企画書を読んでいるような感覚に襲われる。同作品はちょうど、掲載誌である週刊少年ジャンプが発行部数1位という指標で講談社の「週刊少年マガジン」に負けた後に連載が始まった。この作品の貢献もあり、部数1位を奪還できた。ただ、このような背景からも考えると、同作品は『ドラゴンボール』終了後のプロジェクトX、プロダクトXだったようにも思えてくる。

 週刊少年ジャンプに連載されている漫画の悪しき部分かとも思う。以前、漫画家を描いた作品『バクマン。』の映画版を見た。ジャンプとそこで描く漫画家、支える編集者を描いた作品だとも言える。同誌の特徴は、新人漫画家を発掘して専属にすること、編集者が作品に関わること、何よりも読者はがきによる人気ランキングを厳格に運用することが特徴である。