熊代亨(精神科医)

 「インスタグラム女子」がキラキラした写真を投稿するために、わざわざ着物をレンタルしたり、高価なアイテムを買って写真を投稿したらすぐ売り払ったりする…といった話を最近はよく耳にします。他人から認められない「承認欲求」を満たしたい気持ちはわからなくもないのですが、「そこまでやるか?!」と驚かずにいられません。ただ、「インスタグラム女子」の承認欲求の充足メカニズムについて立ち止まって考えてみると、昭和生まれ世代が20代だった頃にはあまりなかった、新しい感性を想定してみたくもなります。

 「何かを蒐集(しゅうしゅう)して、見せびらかして注目されたり褒められたりする」という承認欲求の満たし方は、今に始まったものではありません。
 
 昭和時代を思い出しても、たとえば「ビックリマンチョコ」に付いているレアなキャラクターシールを見せびらかしたり、アニメのキャラクターグッズをコレクションして自慢したりするとか、そういった承認欲求の充足はポピュラーでした。
 
 現在も、これに近い風景を「ソーシャルゲーム男子」にみることができます。近所の学生男子たちがソーシャルゲームの話をしているのに耳を傾けると、「俺の一番お気に入りのキャラクターは○○だ」「こないだ、ガチャ(希少アイテムが当たる有料の電子くじ)をやったら××が出た」といった弾むような声が聞こえてきて、ああ、男子は今も昔もそういうのが大好きなんだなぁと、安堵(あんど)したような気持ちになります。
 
2015年3月のマーリンズ春季キャンプで、
イチローは「ビックリマン」のキャラクター、スーパーゼウスが
プリントされたTシャツで施設入りした(撮影・リョウ薮下)
 「インスタグラム女子」は彼らとは違います。
 
 何かを蒐集して、見せびらかして、注目されたり褒められたりしたがっている点では、彼女たちも同じといえば同じです。
 
 ただし、彼女たちが蒐集しているのはモノではありません。体験であったり、関係性であったりします。というより、体験や関係性が蒐集されてキャラとして練り上げた、インスタグラムのアカウントそのものです。
 
 ビックリマンチョコのレアなキャラクターを見せびらかしている男子には、承認欲求以外にも、モノが欲しい・モノを手に入れたいという物神崇拝(フェティシズム)の傾向がありました。他人に見せびらかして注目されたいだけでなく、モノそのものに対する執着があったわけです。蒐集対象がキャラクターシールからキャラクターデータに置き換わったソーシャルゲームにおいても、この点はあまり変わりません。

 他方、「インスタグラム女子」には、そうしたモノそのものに対する執着があまり感じられないのです。最近は「モノより体験」などとよく言われますが、体験に執着しているとも思えず、どうなんでしょうか。