日夜、世界中から数多の写真がアップされ続けている写真投稿用SNS・インスタグラム(以下、インスタ)。ユーザー(=インスタグラマー)の間ではインスタグラムでの「いいね!」数を競って、“インスタジェニック(インスタ映えする)”な写真を撮ることに余念がないという人も多い。

 インスタでは、ハッシュタグと呼ばれる記号(「#」)を用いると、そのキーワードに関連する画像検索ができるようになっているが、なかでも若い女性の投稿に散見されるのが「#すっぴん」関連のタグだ。
※写真はイメージです
 こうした「#すっぴん」写真を投稿する理由について、女子大生のAさん(20歳)は、こう語る。

「インスタを見ていると、『#すっぴん』、『#すっぴんごめん』、『#すっぴんすみません』、『#すっぴん失礼』といったハッシュタグをわざわざつけて、自分の自撮り写真をアップする子が大勢います。必死な盛りメイクで自撮りをするのはイタいという価値観があるから、あえて必死じゃない感じを出す女子が多いんです。

 最近のトレンドは、“抜け感”とか“ナチュラルさ”。とはいえ、ガチのすっぴんは恥ずかしくて晒せたものじゃないので、当然『すっぴん風メイク』をしている人がほとんどです。必死感を出さずに『いいね!』をたくさんもらいたいという女子の欲深さですね(笑い)」(Aさん)

 別の女子大生Bさん(21歳)が、「すっぴん風」の顔を作る方法をこっそり教えてくれた。

「芸能人も一般人もすっぴん写真をアップしますが、これまでは『どうせすっぴん風メイクをしているんでしょ?』と言われて来ました。でも最近では、メイクをしなくても寝起きの時点で可愛い顔に仕上げるアイテムがたくさんあります。

 マツエク(まつげエクステ)だけでなく、『眉毛ティント』と呼ばれているコスメを使うと、数日間眉毛の色が消えないんです。昔はアートメイクという手法があったけれど、それよりもお手軽で色素沈着もしません。

 また、赤い色が付いているリップクリームも市販されているので、起き抜けにリップクリームを塗るだけで顔色が良くなり、“すっぴん美人”になれるんです」(Bさん)

 しっかりメイクで可愛い顔を作るよりも、「ナチュラルなのに可愛い」という“抜け感”がインスタジェニックだという女子の価値観。“抜け感”とは手抜きというわけではなく、アイテムを駆使して“抜けを作る行為”なのだとすれば、「#すっぴん」関連の投稿にはそんな若者の心理がよく現われているのかもしれない。

関連記事