2017年07月27日 9:00 公開

朝鮮戦争が休戦という形で終わってから今月27日で64年が経過した。北朝鮮が米国をはじめとする各国から強い反発を招きながらも核・ミサイル開発を続けるのは安全保障以上の理由があるからだと、朝鮮半島の専門家は指摘している。BBCのカレン・アレン記者がリポートする。