亀山早苗(フリーライター)

 11年前に「パートナー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた夫婦が崩壊しかかって揺れている。俳優の船越英一郎とタレントの松居一代夫妻である。次々に妻が「爆弾」を投下し、芸能マスコミが食いついていく。もちろん、われわれも心のどこかで「他人の不幸は蜜の味」だと思っている節があるのは認めざるを得ない。冷静に考えれば、芸能人だからこそ、こうしていろいろなことがさらされてしまうのは気の毒だとしか言いようがないのだが。

 ただ、妻が爆発してしまうのは、芸能人特有というわけではない。「妻が夫に復讐(ふくしゅう)したくなるとき」は誰にでもあり、それを行動に移すかどうかは、ほんのささいなきっかけである。

2006年11月、「パートナー・オブ・ザ・イヤー」でいい夫婦に
選ばれた俳優・船越英一郎(左)と松居一代夫妻
 夫婦というのは不思議な関係だ。もとは他人であり、育った環境も考え方も違う二人が一緒になって、時として子供を産み育む。子供は二人の遺伝子を受け継ぐが、孫ができようがひ孫ができようが、夫婦だけはどこまでいっても他人のままなのだ。ただ、「夫婦」「家族」とくくられてしまうため、「他人ではない関係」と当人たちも思い込む。そこで生じるのが、「愛情に名を借りた支配」なのではないだろうか。

 実際、夫を束縛し、その束縛から逃れようとする夫を支配し、最後には復讐に至った妻たちに取材をしたことがある。

「なんとなく夫の様子がおかしい、浮気しているんじゃないかと疑った時期がありました。疑心暗鬼になって夫の携帯電話をこっそり見て…。決定的な浮気の証拠ではないけど、どうやら親しい女性はいるみたいで、SNSのメッセージのやりとりを見て、頭に来ちゃって。自分がないがしろにされている気がしたんです」

 キョウコさん(40歳)は、ため息をつきながらそう言った。夫は外で好きなことをし、自分は3人の子を育てながらパートで働く身。自分ばかりが損をしているという日常的な不満がベースにある。