岡野あつこ(夫婦問題研究家)

 連日のようにワイドショーをにぎわせている女優の松居一代さんと俳優の船越英一郎さん夫婦の問題については、夫婦問題の相談を扱っている私のサロンでも話題の中心となっていました。
ミュージカル公演のレッドカーペットに登場した船越英一郎と松居一代夫妻=2008年11月3日、東京都渋谷区(緑川真実撮影)
ミュージカル公演のレッドカーペットに登場した船越英一郎と松居一代夫妻=2008年11月3日、東京都渋谷区(緑川真実撮影)
 一連の騒動が起こる以前の松居さんと船越さん夫婦のイメージのように「献身的でしっかり者の妻&妻に支えられているのんびり穏やかな夫」という、絶妙なバランスを保っている夫婦関係は意外と多いもの。だからこそ、「あそこまで行くとやりすぎだと思う。でも、その気持ちはわからなくもない」という意見が聞こえてきたのも事実です。松居さんのとった行動を全面的には賛成することはできなくても、彼女の感情は理解できなくもない、という女性も少なくないようです。

 SNSを活用するかどうかは別としても、当然、一方的な放言は必ずしもいいことではありません。それにもかかわらず、これまでずっとためこんでいた不満や怒りなどの感情をこらえきれずにぶちまけてしまう「爆発妻」がいます。

 そんな「爆発妻」たちの根底には、共通する3つの言い分があります。

(1)「私は正しい!」
 悪いのは夫であって、私は正しい。好きでキレたわけではなく、夫が私をキレさせた。

(2)「私は今までずっと家族のために頑張ってきた!」
 家事や育児といった日常生活での細かい部分を全面的に担ってきたのは私。私が時間とお金を犠牲にして頑張ってきたからこそ、夫だって自分の仕事に集中できたはずなのに!

(3)「私の存在のありがたみを理解してほしい!」
 家庭がうまく回っているのは私の努力のおかげ。それなのに、感謝もされなければ、女性として扱ってくれる機会もめっきり減った。私がいなければ困るクセに!

 このような言い分の元、抑えきれない感情の高ぶりが「爆発妻」を誕生させると言っていいでしょう。

 ちなみに、爆発妻ほどの激しさやエネルギーは持っていないものの、「それでも誰かに一言、夫のグチを言いたい。わかってもらいたい」という女性が投稿する『だんなデスノート』というサイトがあります。自分の夫への不平不満を匿名で投稿し、ストレス解消の一助にしているという女性も増えています。