三浦瑠麗(国際政治学者)

 第3次安倍第3次改造内閣の顔ぶれが決まりました。メディアは、改造の目的をうんぬんし、内閣にニックネームをつけ、大騒ぎしています。改造後の世論調査で内閣支持率がどこまで回復するかは、なお見通せませんが、話題を変える効果は確かにあったように思います。私の印象はというと、安倍総理は憲法改正も、総裁3選も全く諦めていない。引き続き、長期政権に意欲満々であるということです。そういう意味では、今般の改造は何をしたいかという政策的志向の要素は一切なく、一にも二にも党内力学を意識した政治的戦術と理解すべきです。
改造内閣発足を受けた記者会見を終え、会見場をあとにする安倍晋三首相(左)。右は菅義偉官房長官=7月3日、首相官邸(佐藤徳昭撮影)
改造内閣発足を受けた記者会見を終え、会見場をあとにする安倍晋三首相(左)。右は菅義偉官房長官=7月3日、首相官邸(佐藤徳昭撮影)
 内閣支持率の低下を受け、安倍政権があたかも「崩壊前夜」のような印象を振りまくメディアもありますが、日本政治の根本を見ない希望的観測に過ぎません。日本の民主主義のルールは、衆議院の多数派が総理を選ぶというもの。重要なのは、最初から最後まで自民党内の力学です。そして、内閣の支持率低下にも関わらず、ここはいささかもブレていません。細田派、麻生派、額賀派、岸田派、二階派の主要5派閥は安倍政権を支え続けると明言しているのですから、自民党内は平常運転なのです。

 安倍官邸からすれば、政権から距離を置く石破茂元地方創生相や野田聖子総務相は怖くありません。石破氏は、政治家としての経験や実力が安倍総理に比肩し得る、党内唯一の存在ですが、党内力学的には厳しい。石破氏にチャンスが回ってくるのは、自民党が政権転落の危機にあるときだけでしょう。自民党は、追い詰められなければ「石破カード」は切らない。それは、ご本人もわかってらっしゃるのではないかとお見受けします。

 野田氏は、自民党で存在感がある女性政治家の中では、社会的にリベラルな面があり、人間的にも面白い。経済政策が左旋回しているように見えるのは気になりますが、安倍政権との差を出すためでしょうから、最後は自民党的に常識的なところに落ち着くだろうと思います。女性であることと、安倍総理への遠慮がないことはユニークですが、それ以外にいまのところ「売り」がありません。

 政策的に何を象徴しているのか不明だし、野田氏を総裁にすることに政治生命を賭す覚悟がある子分もいません。総務相としてよほど頭角を現すか、周りに一流のブレーンをつけない限り、トップリーダーを狙えるところまでは届かないでしょう。しかも、郵政造反組の野田氏が現政権で結果を残せる可能性は低い。総理も官房長官もそんなことは許さないでしょうから。とはいえ、野田氏がこれから高みへと階段を上っていく過程で、今回の人事をお受けになったことは正解だと思います。

 「ポスト安倍」として取り沙汰(ざた)されている面々の中で、政権が多少なりともリスクを感じているのは岸田文雄政調会長でしょう。第4派閥とはいえ、派閥の領袖(りょうしゅう)であり、「党内ハト派」というぼんやりとした象徴性も持っています。仮に、岸田氏が総理に対して主戦論を取るようなことがあれば、一定の支持が集まるかもしれません。私には、今回の内閣改造は、岸田氏を封じ込めるための二重の仕掛けに見えます。