木戸照博(元産経新聞九州総局長)

 世界有数の温泉都市・大分県別府市の市街地に、黒田如水軍と大友義統(よしむね)軍が戦った石垣原(いしがきばる)の古戦場跡が広がる。小高い実相寺山の西側にある児童公園に黒田如水本陣跡の碑が立つ。ここから2キロほど南の大分自動車道近くの山あいに大友義統の本陣跡がある。

「石垣原の合戦」で如水が構えた本陣跡=大分県別府市
 慶長5(1600)年9月13日、両陣営の中間地点で激戦が展開され如水軍が勝利、同15日、義統は剃髪(ていはつ)して降伏した。奇(く)しくも美濃(岐阜県)の関ヶ原の合戦と同じ日であった。

 勢いを得た如水軍は瞬(またた)く間に、西軍に属する諸城を落として九州の北半分を席巻。11月上旬、水俣(熊本県)付近で薩摩(鹿児島県)の島津をうかがう寸前に家康の命令が届き、進撃をやめた。

 如水は、東軍と西軍の戦いは半年、一年は続くと見ていたらしい。が、皮肉にも息子・長政の調略で西軍の小早川秀秋が寝返り、一日で「関ヶ原」が終わった。

 〈家康は関ヶ原の勝利後、「代々黒田の家に対し疎略(そりゃく)有るまじき由(よし)仰(おおせ)られ、諸人の見る所にて、長政の手を御とりいただき給う」(「黒田家譜」)。長政が後日、如水にこのことを自慢した際、如水は「家康が握った手はどちらか」と問い、「右手です」と答えると「お前の左手はその時、何をしていたのか」と、とがめたという話がある。これは後世の創作らしい〉

 家康は恩賞の土地と官位を勧めたが、如水は「病弱」「高齢」を理由に固辞。切り取った領土を差し出し、一転、好々爺(こうこうや)の表情になって楽隠居を決め込んだ。如水の本心を疑う家康は、ほっとした。

 如水は長政にいった。「家康公、関ヶ原の一戦にもし打ち負けたまはば、天下また乱世となるべし。然らば、我まず九州を打ちしたがへ、その勢いをもって中国を平らげて上方へ攻め上り、家康公・秀忠公を助け、逆徒を滅ぼし天下を一統して忠義を尽くさんと思ひしなり」(「黒田家譜」)と。

 しかし、家康が打ち負けた場合、忠義どころか家康は戦死、あるいは実権を失うだろう。

 小説風に言えば「そうなれば、ワシが天下人になるつもりだったわい。家康のもとに世が治まるとみえたゆえ身を引いたのじゃ」といったところか。やるときは積極果敢だが、モノがみえすぎて新たな戦乱は好まない如水だった。

功名富貴の望みなく、権威にへつらわず


 晩年の如水は茶に親しみ、和歌、連歌など風雅の世界に浸った。52万石の福岡藩初代藩主になった息子の長政が福岡城の普請(工事)を行う間、太宰府天満宮の一隅に住み、戦火に荒廃した社殿の復興に尽力した。感謝した天満宮は、江戸末期まで正月、5、9月の20日(如水の月命日)に如水懐旧の連歌の会を開いた(「太宰府市史」、「黒田家譜」)。

 〈かつて秀吉が九州を平定した際、如水は焦土の博多の「町割り」(区画整理)を命じられた。勇壮な祇園山笠で山笠(やま)を運行する博多の町の組織「流(ながれ)」は如水に始まるといっても過言ではない〉

 如水の政治理念を紹介しよう。

 「神の罰より主君の罰おそるへし 主君の罰より臣下百姓の罰おそるへし」。神や主君は祈り謝れば許されようが、怖いのは部下や万民(国民)の罰だ。彼らの信をなくしては必ず国を失う。

 「治世に武を忘れず乱世に文を捨てざるが、もっとも肝要なるへし」。国家防衛の基本であろう。

 如水は、子供の教育の重要性も訴えた。その精神は、大正4年創立の(財)黒田奨学会に受け継がれている。すでに約千人の奨学生が巣立ち社会に貢献している。

黒田如水の墓=崇福寺(福岡市)
 忘れてはならないのが、恩人への感謝。そして、旧敵を憎まず、の精神である。

 如水は、荒木村重に通じて自分を有岡城の牢屋に閉じこめた旧主、小寺政職(まさもと)の子が生活に窮した際、秀吉の許可を得て家が続くよう助けている。貝原益軒は「誠(まこと)に恩を以て仇(あだ)を報ずとは、かかる事なるべし」と記す。

 一方、長政は信長の人質時代に命を助けてくれた竹中半兵衛の「厚志忘れがたく」、その孫の一人を「筑前に招き下し、禄をあたへ厚く寵遇(ちょうぐう)したまひける」(同)。

 慶長9(1604)年3月20日辰の刻(午前8時)、京都の藩邸で如水永眠、享年59。誕生と同じ時刻だった。

 辞世は「思ひおくことのはなくてつゐにゆく みちはまよはじ あるにまかせて」。

 功名富貴の望みなく権威にへつらわず、倹約・質素を旨(むね)として危機に備えた如水。

 墓所は福岡・崇福寺にある。