北朝鮮のミサイルの脅威から日本は自国を守れるか?

『NEWSポストセブン』 女性セブン2017年8月17日号

読了まで4分

 日本海を挟んだだけの隣国である日本にとって、北朝鮮のミサイルは、やはり脅威の対象だ。それぞれの飛距離を比べてみると、『スカッドER』と『ノドン』は、すでに日本に到達可能。ノドンに至っては、日本全土がほぼ射程域に入る可能性がある。北朝鮮で発射された場合、日本へは約10分で到達すると予測されている。

 1998年に初めて日本を越えたと話題になった『テポドン1号』は、飛行距離が1500km以上といわれ、日本上空を通過して太平洋に落下した。

 北朝鮮の軍事兵器に詳しい軍事評論家の岡部いさくさんはこう語る。

 「テポドンは人工衛星として打ち上げられましたが、実際は弾道ミサイルでした。わかりやすく言うと、ノドンミサイルの上にスカッド1つをのせた2段式。2つのミサイルを組み合わせたので、その分、遠くまで飛びました。

 その後も持っているミサイルを組み合わせたりして、改良を重ね、テポドン2まで開発していますが、これは人工衛星を飛ばすような大きな発射場が必要なので、上空から見たら丸見え。空爆されやすく、実戦には不向きでした」

 現在、北朝鮮が開発に力を注いでいる弾道ミサイルは、液体燃料を使用する『火星』シリーズと、固体燃料を使用する『北極星』シリーズの2つ。
北朝鮮の労働新聞が5月22日掲載した、新型中距離弾道ミサイル「北極星2」の実戦配備に向けた「最終発射実験」に立ち会う金正恩朝鮮労働党委員長(中央)の写真(共同)
「これまで北朝鮮が開発してきた液体燃料を使用するミサイルは発射までに30~90分かかります。

 一方、固体燃料のミサイルは発射まで約5分といわれ、すぐに発射できます。それに液体燃料に比べて保管も利き、小さいため、潜水艦からも発射できます。潜水艦なら海に潜ってしまえば、上空からの追跡を逃れやすい。わざわざ大陸間を横断できるミサイルを作らなくても、近くの海上から攻撃をしかけることが可能となります」
元自衛官が語る脅威

 世界のミサイル保有国では、現在、固体燃料が主流のため、北朝鮮もその技術を持っている可能性が高い。それもあって、軍事兵器の専門家たちは、北朝鮮の『北極星』シリーズを危険視している。

 34年間海上自衛隊の海将などを務めてきた伊藤俊幸さんはこう言う。

 「少し前まで旧ソ連軍のミサイルを改良していたはずが、もう固体燃料のミサイルを飛ばしてきた。北朝鮮の開発スピードが速くなっているのが気になります」

 では、ミサイルが飛んで来た場合、日本は自国を守れるのだろうか。海上自衛隊に所属していた経験を持つ伊藤さんは、次のように説明する。

 「現在、日本の上空は、日本海で待機する海上自衛隊のイージス艦と航空自衛隊の警戒管制レーダーが常に探知しています。弾道ミサイルが発射されると、瞬時にレーダーで追跡を開始。大気圏外で照準を定め撃ち落とすシステムになっています。その成功率は80%以上、イージス艦が2隻あれば確実といわれています」
北朝鮮が米領グアム沖へのミサイル攻撃計画を表明したのを受け、陸上自衛隊高知駐屯地に展開された地対空誘導弾パトリオット(PAC3)=8月12日、高知県香南市
 それでも、万が一失敗した場合には、陸上にある航空自衛隊の『ペトリオットPAC-3』が最後の砦となって迎撃する。

 また、北朝鮮から武力攻撃として弾道ミサイルが撃ち込まれた場合は、武力攻撃における防衛出動として自衛隊の出動が許可されている。もしもの場合に日本は、2重、3重の守りを備えている。

関連記事
■ ミサイルよりも怖い北朝鮮の攻撃 バルーンで化学兵器散布も
■ 金日成の健康法は少女からの輸血や少女との入浴など
■ 『国民保護ポータルサイト』 ミサイル脅威でアクセス20倍
■ インフラ破壊し1年後に9割死亡 「電磁パルス攻撃」の恐怖
■ 北朝鮮の核ミサイル落下で熱線、爆風、放射線への対処法

この記事の関連テーマ

タグ

北朝鮮グアム攻撃「8月危機」の現実味

このテーマを見る