肥留間正明(芸能評論家、ジャーナリスト)

 
『渡る世間は鬼ばかり』の会見に出席した石井ふく子(左)と橋田壽賀子=2016年9月1日、東京都港区
『渡る世間は鬼ばかり』の会見に出席した石井ふく子(左)と橋田壽賀子=2016年9月1日、東京都港区
 「ドラマの基本は何か?」

 1990年から2011年まで放送された『渡る世間は鬼ばかり』の石井ふく子(90)プロデューサーにドラマが成功する秘訣(ひけつ)を聞いたことがある。

 「ドラマはまず脚本! 本がしっかりしていなければドラマの成功は考えられません。その上で適材適所の役者がそろって、初めてドラマは成功します」

 『渡鬼』の脚本家である橋田壽賀子(92)は、NHK朝のテレビ小説『おしん』の脚本を担当した大ヒットメーカーでもある。おしんの波瀾万丈な人生を描き、いまでも中国で人気のあるテレビドラマだ。亡くなった藤岡琢也、宇津井健(いずれも故人)をドラマの要となる父親役の岡倉大吉に起用し、泉ピン子を主役として20年間に及ぶ高視聴率ドラマを作り上げた。

 同じように『やすらぎの郷』も『渡鬼』の基本をすべて踏襲している。脚本は『北の国から』の倉本聰(82)。『北の国から』の脚本は、単なるウケを狙わず、長期的展望に立った大河ドラマ的な描き方をしている。

 倉本聰の脚本を田中邦衛(84)などの俳優が、延々と演じた。中でも黒板純役の吉岡秀隆(47)は、11歳から32歳になるまでを演じていた。

 視聴者は純の成長を吉岡に重ね合わせた。そして『北の国から』が終わった後、俳優としての地位を確立し、『Dr.コトー診療所』などのテレビドラマだけではなく、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』でも独特の演技を見せている。
 
 『やすらぎの郷』は、期待されてスタートした番組ではなかった。持ち込んだフジテレビに蹴られ、最後に拾ってくれたのがテレビ朝日だった。しかも放送されるのは昼の15分枠。視聴率が低迷する『徹子の部屋』直後の番組として穴埋め的にスタートした。その裏にはテレビ朝日、早河洋社長の英断があった。