鈴木祐司(次世代メディア研究所代表)

 今年の春改編でテレビ朝日が昼に新設した帯ドラマ『やすらぎの郷』。「2017年、酸いも甘いもかみ分けたシニアたちが楽しむシルバータイムドラマ」のスタートだった。

 脚本は82歳の倉本聰。そして主人公の石坂浩二(76)をはじめ、浅丘ルリ子(77)、加賀まりこ(73)、八千草薫(86)、有馬稲子(85)、五月みどり(77)など、かつてテレビや銀幕で大活躍した俳優が続々と登場する。 

 このドラマは放送開始後、高く評価する記事が目白押しとなった。 
 「『やすらぎの郷』から目が離せない!“ドタバタコメディ”を成立させた役者たちの人生の厚み」、「早くも話題騒然、視聴率も絶好調  今年最大の問題作『やすらぎの郷』を見逃してはいけない」、「倉本聰脚本『やすらぎの郷』は、ゴールデンを凌駕するシルバータイムドラマ!?」、「今、日本で最もヤバいコンテンツは昼ドラ『やすらぎの郷』だ」…。

 中には5月末以降で、20本以上も『やすらぎの郷』を持ち上げる記事をヤフーニュースに寄稿したフリーライターもいた。

 しかし、筆者の感覚では、大御所が書き、多くの大物俳優が出そろっているために、ドラマの実力以上に褒め過ぎている記事が大半と見える。視聴者の見方を冷静に分析すると、このドラマはそこまで褒められる代物ではない。
 
 まず、視聴率の動向を、NHKの朝の帯ドラマ『ひよっこ』と比較しながら見てみよう。
『やすらぎの郷』第1週の平均世帯視聴率は7・4%。前年は『ワイド!スクランブル第2部』が放送されていたが、これと比較すると2%ほど高い数字となっていた。極めて順調な滑り出しだったと言えよう。

 一方、『ひよっこ』の第1週は19・4%。20%割れでのスタートを、多くのネットニュースが取り上げた。ところが第2週以降を比較してみると『やすらぎの郷』は6%台に下がり、15週目まででは5%台が6週にも及んだ。

 第1週を100として指数で表現すると、第2週以降80台が中心となり、70台も何度も出ていた。当初から比べると4分の1の視聴者を失った格好だ。だが、『ひよっこ』は、第15週までの上下動は±6%の範囲にとどまる。極めて安定した推移を示し、しかも11週以降は第1週より高い。明らかに上昇傾向にある。激しい上下動で、かつ下落傾向にある『やすらぎの郷』とは対照的な軌跡を描いていた。