2017年08月24日 11:16 公開

オランダ・ロッテルダムで23日夜に予定されていたコンサートが、スペイン警察からの情報で中止された後、会場近くでガスボンベを積んだワゴン車が発見された。ロッテルダム市長は、スペインで車両登録されたワゴン車の運転手は警察に拘束されたと報道陣に明らかにした。

米ロックバンド「アラー・ラス」はロッテルダムのコンサート会場「マアッシロ」で演奏する予定だった。「アラー・ラス」はその名前のせいで頻繁に脅迫を受けているが、今回は開演直前になってコンサート中止が決まった。

ロッテルダムのアフメド・アブータレブ市長は報道陣に、会場近くで発見されたスペイン登録のワゴン車やスペイン人運転手が、コンサート会場への攻撃の脅しと関係しているか不明だと話した。

15人が死亡したスペイン・バルセロナなどでのワゴン車襲撃を受けて、各地の警察は警戒態勢を強めている。

ロッテルダム市警は、ワゴン車の近くの路上でスペイン人運転手を逮捕し、取り調べをしているとツイートした。

報道によると、爆発物処理班がワゴン車を調べている。コンサート会場にいた人たちは避難させられた。

アブータレブ市長は、「警察がコンサート会場周辺を封鎖し捜索した結果、ガスボンベを積んだワゴン車を確保することができた」と話した。

「(テロ攻撃の)脅威とワゴン車を結びつけることができるかどうか、現時点では確定できない」と市長は述べ、「早合点」しないようにとくぎを刺した。

スペイン・カタルーニャ州の捜査当局は、バルセロナとカンブリスで起きた連続襲撃事件に関わるグループが、ガスボンベを大量に準備し同時多発攻撃を計画していたとみている。グループは、バルセロナから南西約200キロにあるアルカナルの民家を拠点に、爆発物を用意していたとされる。民家は、バルセロナ襲撃前日の16日に爆発した。

米バンド「アラー・ラス」は昨年、英紙ガーディアンの取材に対して、「アラー」を名前に使っているため、憤るイスラム教徒たちから頻繁に怒りのメッセージを受け取ると話していた。英ロックバンド「ジーザス&メリーチェイン」が好きだったので、宗教色のある名前を付けたかったのだという。

(英語記事 Dutch gig cancelled over terror tip-off