吉川 真(宇宙航空研究開発機構准教授)

 天体が地球に衝突すると言うと、少し昔なら「ディープインパクト」や「アルマゲドン」という映画を思い出す人がいるだろう。最近なら、大ヒットしたアニメ「君の名は。」がまさに天体衝突をテーマにした映画である。

 しかし、天体の地球衝突は映画だけの話ではない。実際に起こることなのである。そして、もし天体が地球に衝突すると、まさに映画で描かれたようなことが起こりうるのである。天体衝突については、映画は決して大げさではない。

 今年5月15日、日本科学未来館(東京)にて、天体衝突をテーマにした国際会議が開催された。「プラネタリー・ディフェンス・コンファレンス」(PDC)である。欧米を中心に23カ国から200人以上が集まり、5日間にわたって天体の地球衝突問題が議論された。

 この会議は、今回で7回目となった。欧米以外で行われるのは今回が初めてである。なお、天体の地球衝突問題を扱う活動は「スペースガード」とも呼ばれてきたが、最近では「プラネタリー・ディフェンス」という言葉も使われるようになった。

 天体衝突が映画の世界のみの事象ではないということは、2013年2月にロシアに落ちたチェリャビンスク隕石が記憶に新しい。100キロ以上にわたって窓ガラスや建物の壁が壊れ、1500人もの人が負傷した。

 このときに落ちてきた天体の大きさはせいぜい20メートルくらいだという。天体の直撃ではなく、衝撃波によって広範囲に被害が生じた。さらに時代をさかのぼり1908年、シベリアで大爆発が起こり、2千平方キロに渡って森林がなぎ倒され焼け焦げてしまった。ツングースカ大爆発と呼ばれる出来事である。
 
 この場合、大きさが60メートルくらいの天体の衝突が原因だと言われている。そして、遙か昔の6550万年前、恐竜を含む多くの生物種が絶滅したが、そのきっかけとなったのが直径10キロくらいの天体衝突だと言われている。

 直径10キロとは言わないまでも、例えば「300メートルくらいの天体が東京に落ちてきたら」、まさにそのような想定での議論がPDCでは行われたのである。この会議についてはまた別の場所で報告することにして、ここでは天体衝突という問題にどのように対応すべきなのか、考えてみることにする。

 天体の地球衝突は、衝突してくる天体がある程度以上大きくなると、究極の自然災害である。現在起こっている、地震・津波、火山の噴火、気象災害などに比べて、はるかに大きな災害となり得る。

 しかし、これらの災害と異なる点が1つある。それは「予測可能」ということである。地球に衝突する天体を事前に発見しその軌道を正確に推定することができれば、その天体がいつどこに衝突するかが完全に予測できてしまうのである。これは、何年も先の日食や月食が正確に予測できるのと同じことである。例えば、今後、数十年から100年くらい先までの天体衝突なら予測可能なのである。