2017年08月30日 9:00 公開

日本は世界第3の経済大国かもしれないが、1990年代初頭の株価暴落と不動産バブル崩壊以来、デフレと低成長に苦しんできた。しかし最近になって、変化の兆しが表れているのだろうか。BBCのアジア・ビジネス担当編集委員、カリシュマ・バスワニ記者が検討する。