2017年09月07日 9:00 公開

成長のためにすぐ着れなくなる子供服。そんな悩みに英国の若いクリエーターが取り組んだ。英ロイヤル・コレッジ・オブ・アートの大学院で学ぶライアン・ヤシンさんがデザインした服は、生後6か月から3歳まで着続けられるように作られている。最終的な試作品は、デザインとエンジニアリングを組み合わせた新しいもの作りを後押しする目的で創設された「ジェームズ・ダイソン・アワード」の英国部門で受賞した。服の販売開始に向け準備するヤシンさんに、開発の経緯や今後の計画について聞いた。