2017年09月15日 16:25 公開

パキスタン警察によると、南部の都市カラチで駆け落ちしようとした10代の男女が罰として感電死させられた疑いがあることが、13日までに明らかになった。

当局は13日に医師や警察、裁判官の立ち会いの下、1カ月前に埋葬されていた少女バフト・ジャンさん(15)とボーイフレンドのレフマンさん(17)の遺体を掘り出した。検死結果は今後発表される予定。

警察によると、2人の駆け落ち計画を家族が知り、部族の長老たちが殺害を命令したという。

パキスタンの首都イスラマバードで取材するBBCのM・イリアス・カーン記者は、いわゆる「名誉殺人」で電気ショックによる処刑が行われたのは、パキスタンではほぼ前例がないと指摘する。BBCは2010年に、インドのデリーで同様の処刑が行われた疑いを報道している。

カラチでは死亡した2人の父親を含む4人が逮捕された。警察は「ジルガ」と呼ばれる長老会議の長の行方を追っている。

地域の警察を率いるラオ・アンワール氏は報道各社に対し、当局は「情報提供者」の協力で2人の殺害と埋葬の事実を知ったと説明した。

アンワール氏によると、掘り出された遺体の腕や胸、足に感電死させられたとみられる跡が見つかったという。

パキスタンの英字紙ドーンによると、カラチ市民病院の外科医、カラル・アハメド・アッバシ医師は、「両方の遺体に電気ショックと拷問の跡があった」と語った。

人権擁護団体は、パキスタンでいわゆる「名誉殺人」の事例が増加していると指摘する。犠牲者の大半を占める女性は、家族の許可なしに男性と付き合ったり婚約することができない。

今回の事件では、パキスタン北西部の部族地域モーマンドに住むパシュトゥン人のサフィ部族の人々が関与していたとみられている。

事件を先週9日に最初に報じた地元メディア「ザ・ニュース」のジア・ウル・レハマン記者はBBCに対し、部族の伝統に基づき2人の家族は結婚に合意していたと語った。

「合意では、2人は結婚し、名誉の代償として、少年の家族から2人の女性を少女の家族の男性2人と結婚させることになっていた。しかし、合意承認のために8月15日に開かれた長老会議はこれを拒否し、2人を見せしめのため殺害するよう命じた」

アマン・マルワト警察官はBBCに対し、逮捕された親族が「2人は薬物を投与された後、ベッドに縛り付けられて電気ショックを与えられたと証言した」と述べた。

マルワト警察官によると、バフト・ジャンさんは8月14日に家から忍び出て、レフマンさんを近くの家で待っていたが数時間後に家族によって発見されたという。

「少女は15日に殺され、少年は翌日殺された」

長老会議のメンバーには取材できていない。その多くは隠れているとみられる。家族のコメントは得られていない。

人権団体「パキスタン人権委員会」が昨年4月に発表した報告書によると、2015年のパキスタンでは1100人近い女性が家族の名誉が損なわれたと考える親族に殺害されたという。

(英語記事 Pakistan 'honour killing': Karachi teen lovers 'were electrocuted'