2017年09月14日 9:00 公開

過激派勢力のいわゆる「イスラム国」(IS)がシリア国内で「首都」と位置付ける北部ラッカでは、奪還を目指す米国主導の有志連合や、有志連合に参加するクルド系とアラブ系の連合勢力「シリア民主軍」(SDF)と、抵抗するISとの戦いが昨年春から続いている。SDFはラッカの半分以上を支配下に収めたものの、いまだ中心部には多くて2万5000人の市民がISの狙撃手と地雷原によって「地獄そのもの」の状態で閉じ込められており、その半数は子供だとBBCのクエンティン・サマビル記者は説明する。