2017年09月19日 16:39 公開

ミャンマー北西部ラカイン州から40万人以上のロヒンギャ族が隣国バングラデシュに逃れている問題で、ミャンマーの実質的指導者アウンサンスーチー氏は19日、公の場で初めて問題に言及し、「国際社会のせんさく」は恐れないと表明した。ノーベル平和賞受賞者のスーチー氏は、ロヒンギャ危機の対応をめぐり国際社会から強く非難されている。

国会で演説したアウンサンスーチー氏は8月下旬に始まった今回のロヒンギャ危機について、初めて公の場で言及。穏やかな調子ながらも批判をはねのける姿勢を示しながら、紛争に巻き込まれた「すべての人」の苦しみに「深く」感じ入っており、自分も政府も「あらゆる人権侵害と違法な暴力を非難する」と強調した。さらに、ミャンマーは「この国家のすべてのコミュニティーにとって(中略)持続可能な解決の実現に注力している」と表明した。

スーチー氏は加えて、すべてのムスリム(イスラム教徒)がラカイン州から避難したわけではなく、暴力はやんだと述べた。

スーチー氏は、ニューヨークで開かれている国連総会への出席を取りやめたものの、政府が問題にどう対応しているか国際社会に知ってもらいたいとも話した。

ミャンマー政府は「ロヒンギャ」という単語を使わず、「ベンガル系ムスリム」や「ベンガル人」と呼ぶ。アウンサンスーチー氏も国会演説で「ロヒンギャ」という単語を避けた。

演説ではそのほか――、

  • 軍部批判には言及せず、今月5日以降は「武力衝突や強制排除作戦」は行われていないと述べるにとどまった。
  • ほとんどのムスリムはラカイン州に留まっていると述べ、現地の状況は言われているほど厳しくはないと示唆した。
  • 避難したムスリムと留まったムスリムの双方から話を聞き、危機の根幹にあるものを探りたいと述べた。
  • 政府は近年、ラカイン州のムスリムに医療や教育を提供し、インフラを整備するなどして、生活条件改善に取り組んできたと述べた。
  • バングラデシュに避難した全員について、状況確認の手続きを経て、帰国を認めると方針を示した。

<関連記事>

・実際アウンサンスーチー氏にはどの程度の力があるのか

・ミャンマーの強硬派仏教僧に話を聞く

・アウンサンスーチー氏、「偽情報」を強く非難 ロヒンギャ危機


「まったく事情が分かっていないのか」

ミャンマーの首都ネピドーで取材するBBCのジョナ・フィッシャー記者は、アウンサンスーチー氏の演説について、「まったく事情が分かっていないのか、あるいはわざと現実から目を背けているかのどちらかだ」と述べている。

政府がラカイン州で暮らすロヒンギャの生活環境を改善したという主張は疑わしいと、フィッシャー記者は指摘。ビルマ系国民と同等の医療や教育の機会は与えられていないという。

また身元が確認できれば帰還を求めるというスーチー氏の言い分についても、身元を立証する公的書類の裏付けがあるロヒンギャはほとんどいないため、実現は疑わしいと記者は話す。

バングラデシュで取材するジョナサン・ヘッド記者は、今月5日以降に強制排除作戦は実施されていないというスーチー氏の主張に反論。5日以降にも、村が焼かれているのを目撃したとヘッド記者は指摘する。

現地への通行は制限されているが、政府主催のマスコミ視察ツアーに参加したBBCの取材チームは、目の前でロヒンギャの村が燃えているのを目撃。ロヒンギャが自分たちの村に火をつけているという公式説明とは異なる証言を、現地で得ている。

なぜ危機が起きたのか

ミャンマー政府はロヒンギャをバングラデシュからの不法移民だとみなし、市民権や機会均等を認めていない。国の大半を占めるビルマ人の多くは、ロヒンギャを嫌悪し見下している。

そのロヒンギャが多く住むラカイン州では数年前から不安定な情勢が続き、散発的に暴力事件も発生している。今回の危機はロヒンギャの武装勢力が8月25日に警察施設を襲撃し、12人が死亡したのをきっかけに発生した。襲撃は、新しく組織された「アラカン・ロヒンギャ救世軍」(ARSA)によるものだと言われている。

8月25日の警察拠点襲撃に応える形で、治安部隊がロヒンギャの集落を次々と摘発。国連のザイド・フセイン人権高等弁務官は11日、ミャンマー軍の対応は「明らかに過剰」で、「典型的な民族浄化の事例だ」と非難した。

強硬な摘発を逃れるため、ロヒンギャは大挙してバングラデシュへ逃れるようになり、その大勢が村を焼かれ、軍に迫害されたと証言している。

スーチー氏はこれまでに、ロヒンギャ危機は「巨大な偽情報の氷山」のようだと反発し、偽ニュースがテロリストに有利になるような偽情報を煽っていると批判していた。

(英語記事 Rohingya crisis: Suu Kyi does not fear global 'scrutiny'