倉山満(憲政史家)

 甘ったれるな!安倍晋三以外、他の誰に首相が務まるのか。

 確かに、政治とは理想を求める前に、「よりマシ」な現実を求めるものだ。安倍首相は、そのような政治のリアリズムに助けられてきた。野党民進党の歴代党首は論外として、自民党の派閥の領袖にも「よりマシ」な候補者は見当たらない。消去法で安倍晋三。「一強」の実態とは、そんなものであった。
では、私がリアリストとして答えよう。

 公明党代表の山口那津男では如何か?

 これまで私は、安倍晋三首相を応援してきたつもりだ。安倍さん――あえて「さん」付けで呼ぶ。安倍さんが失脚し、世間から過去の人となっていた時に、私は「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」の発起人の一人として、「日本救国ができるのは安倍晋三さんしかいない」と訴え続けて来た。では、政権返り咲き以降、「山口首相」ではできないことを何かなしえたか。「まず経済」と訴えながら、その景気回復すら中途半端。結局、民主党よりマシというだけで、何も実績などないではないか。

応援演説を行う公明党の山口那津男代表=7月1日、東京都(春名中撮影)
応援演説を行う公明党の山口那津男代表
=7月1日、東京都(春名中撮影)
 9月25日、安倍首相が衆議院の解散を宣言した。大義名分は「消費増税10%の用途変更」だ。つまり絶対に増税するという前提だ。ところが、翌26日、「リーマンショック級の景気悪化なら増税は延期する」とも付け加えた。こういうのをリアリズムとは言わない。同じことを二つの表現で言おう。

 安倍総理は、財務省を相手によくやっている。
 安倍総理は、財務省にケンカを売れないヘタレだ。

 首相が増税を言うたびに消費は冷え込む。当たり前だ。税金が上がるとわかっているのに、貯金をしないで消費するなど愚かだ。これがアベノミクスの生命線であるインフレターゲットの効果を減殺する。こんなことばかりやってきたからせっかく景気が回復軌道なのに、モタモタした結果にしかならないのではないか。という経済学の基礎の議論を詳しく語るつもりはない。

 要は、景気を回復したい安倍首相と、景気回復などよりも消費税増税の方が大事な財務省のケンカなのだ。日本の運命にとって、どちらが重要な敵か。財務省と比べれば、民進党など風の前の塵に同じだ。今の安倍首相、財務省に勝てないから、自分より弱い者いじめをしているようにしか思えない。相手が民進党なら増税を公約に掲げて選挙をしても勝てる。甘く考えていないか。