「呆然としてしまって」 テキサス乱射容疑者の弟

『BBC』

読了まで0分

2017年10月03日 9:00 公開

少なくとも59人が死亡し、567人が負傷した米ラスベガス乱射事件のスティーブン・パドック容疑者について、フロリダ州に住む弟のエリック・パドック氏は、報道陣を前に、自分も「呆然としている」と当惑をあらわにした。エリック氏は兄について、「メスキートの家に住んで、ラスベガスでギャンブルして、いろんなことをして、ブリートを食べて」いた、ごく普通の人だったと話した。