玉巻弘光(東海大学名誉教授)

 東京都議会では、都民ファーストの会と公明党、民進党が共同で提出している「東京都子どもを受動喫煙から守る条例」が、議会多数派の提案であるところから、近々成立が見込まれる。
(iStock)
(iStock)
 都民ファーストの会のウェブサイトで公表されている条例案の概要によると、子供の受動喫煙を防止するため、都や都民、保護者などの責務などを定め、またその具体的方策として、喫煙者に子供がいる部屋や自動車内では喫煙しないよう求めている。あわせて受動喫煙防止策が不十分な飲食店やゲームセンターに子供を立ち入らせないことや、公園・学校・小児医療機関周辺での受動喫煙防止を定めている。ただし、いずれも努力義務とし、罰則規定は設けていない。ただし、伝えられるところによると、今後、時機を見て罰則規定を置く方針であるといわれている。なお現在、この条例とは別に、東京都がウェブサイトで「東京都受動喫煙防止条例(仮称)」の新たな制定に係るパブリックコメントを募集しており、両条例の統合が検討されていないことには疑問を禁じ得ない。

 今回、筆者は全国初の屋内喫煙を規制した「神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例」の、施行後3年ごとの条例見直しの検討部会長を既に2回務めた経験を有することもあって、「iRONNA」編集部から、この条例案に関し、特に家庭内喫煙規制を中心に意見を求められたので、部会長という立場を既に離れた個人としての見解を述べてみたい。

 まず、条例案で「受動喫煙」とは、「他人のたばこの煙又は蒸気(肉眼で見える煙又は蒸気に限らず、残留するたばこの臭気その他の排出物を含む。)を吸わされることをいう」と規定されている。要するに、たとえ一瞬であっても、また、ごくごく微量であっても、喫煙者のたばこ煙が他人に及ぶと、受動喫煙に該当するということのようであるが、そこまで徹底しなければならない科学的根拠はあるのか、甚だ疑問である。

 一定以上の受動喫煙がさまざまな健康影響を生じさせることについては、おおむね立場の違いを超えて一致して認めているところであろう。筆者は医学生理学の知識に欠けるが、たばこ煙に一瞬さらされることが疾病の原因となるだろうか、大いに疑問を感じる。健康保障は重要ではあるが、多種多様な有害物質に取り囲まれた現代の生活環境において、有害物質にさらされることが少しでも許されないとなると、現代生活の否定しか選択肢はないだろう。いや、石器時代に逆戻りしたとしても、多種多様な天然の有害物質から逃れることなど不可能であろう。