自らが代表となった「希望の党」を立ち上げた東京都の小池百合子知事(65才)。希望の党と合流することとなった民進党の前原誠司代表(55才)は、日本新党時代の小池氏の後輩にあたる。

「小池さんと前原さんは、しょっちゅう食事をする仲というわけではないですが、政治的信条はよく似ていますし、対談も多くこなしています。小池さんにとってはいい“弟分”という感じでしょう」(政治ジャーナリスト)

 突然の解散で窮地に立たされた前原氏にとって、小池氏は“救いの神”となった。

「そのまま戦ったら民進党は選挙に惨敗していました。小池さんと会って、『あなた、思い切ってここで解党して合流しないと終わってしまうわ。今が決断の時よ』とスパッと言われたときには、プライドの高い前原さんは呆然としたと思いますが、信頼できる“姉貴分”の言葉だったから、前原さんは“民進党の最後の代表になる”という捨て身の決断ができたんでしょう」(民進党関係者)
IOCプロジェクトレビューのレセプションに出席した小池百合子都知事=3日午後、東京都(松本健吾撮影)
IOCプロジェクトレビューのレセプションに出席した小池百合子都知事=3日午後、東京都(松本健吾撮影)
 小池氏の卓越したリーダーシップを頼って、仲間になろうとする男たちも多い。日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事(53才)は、「都知事と府知事」という関係だったのに、小池氏とは個人的に会ったことがなかった。ところが、衆院解散が報じられ、水面下の小池氏の活発な動きを知ると、9月20日に上京して小池氏と会食。すっかり良好な関係を築き、小池氏と愛知県の大村秀章知事(57才)と会見し共闘をアピールした。

「松井さんとしては、維新の牙城である大阪の選挙区に、希望が候補者を立ててきたら大変です。小池さんの動きを知って愕然として、東京まで飛んでいったというわけです。小池さんと手を組むことができて、ホッとしていますよ」(維新関係者)