山田順(ジャーナリスト)

 これまでの選挙では、「後出しジャンケン」が有利ということが半ば定説化してきた。したがって、衆院選出馬は「100%ない」と言っている小池百合子東京都知事が「変節」する可能性は十分に残っていると考えてきたが、5日の前原誠司民進党代表との会談でも出馬を改めて否定してしまった。
民進党の前原誠司代表との会談後、囲み取材に応じる希望の党代表の小池百合子東京都知事=5日、東京都(佐藤徳昭撮影)
民進党の前原誠司代表との会談後、囲み取材に応じる希望の党代表の小池百合子東京都知事=5日、東京都(佐藤徳昭撮影)
 しかし、民進党を丸のみすると思われていた小池「希望の党」が、結局、民進党候補に「踏み絵」を踏ませ、前原誠司・破壊合流組と細野豪志・旧合流組vs枝野幸男「立憲民主党」結党組に分裂した時点で、勝負はあったのではないかと思う。

 もちろん、まだまだ情勢はめまぐるしく変わる可能性があるが、それをかんがみても、結局は安倍晋三・自民党および公明党の現政権与党組が有利である。
 
 しかし、本稿は今回の総選挙を占い、その結果を予想しようとは努めるが、以下、述べることに自信はない。だいたい、私は昨年、米大統領選で「ユーアー・ファイアード男」トランプ大統領の当選をないと断言して大恥をかいている。よって、選挙予想などする資格がないので、以下は外すことを前提として読んでいただきたい。

 では、現時点での構図をまず、整理しておこう。

 本当に単純化してしまえば、今回の総選挙は、「自民・公明」vs「希望・維新」vs「立憲民主・共産・社民」の3極が争う構図になった。こうなると、現与党の安倍政権に対する批判票が分裂するので、常識的に考えれば「自民・公明」が有利である。いくら森友・加計学園問題がくすぶり続けても、この下馬評は変わらないだろう。
 
 「二都物語」は成立しても、「三都物語」は成立しない。実際、「グリーン大好き」小池知事が「都知事を道半ばで投げ出すのか」という批判を恐れて、態度を保留している現状では、この状況に変化はない。

 いつの時代も、有権者は単純な図式、つまり二者択一を求めている。3択は苦手だ。小池「希望の党」代表も出馬せず、結局は民進党に踏み絵を踏ませた時点で、「安倍」vs「小池」の図式は崩れてしまった。このことは、今回の選挙がいかに大義のない、安倍自民党の「森友・加計疑惑」逃れだとしても現野党勢力には不利だ。