2017年10月05日 9:00 公開

レックス・ティラーソン米国務長官は4日、予定にない異例の記者会見を急きょ開き、辞任するつもりはないと、報道を否定した。同日付の米NBCニュースは、ティラーソン氏が夏の間、ドナルド・トランプ大統領と対立を重ねて「間抜け(moron)」と呼んだこともあり、副大統領が慰留していたと伝えていた。