小笠原誠治(コラムニスト)
 結局、小池百合子東京都知事は「不出馬」。政界の混乱、ここに極まれり。まさにそのような言葉がふさわしい政界の混乱ぶりです。

 まず、この混乱は、安倍晋三総理の大義なき解散決定からスタートしたと言っていいでしょう。なぜこの時期、安倍政権が解散を選んだかといえば、今なら与党が勝つチャンスが大きいと踏んだからです。

 森友・加計疑惑の関心が少しずつ薄らいでいく中、北朝鮮によるミサイル発射などの挑発行為が続き、内閣支持率が幾分回復しているかにも見えたことと、それに小池氏の新党設立も間に合わないであろうという見方が影響していたと思われます。
 
 しかし、その安倍総理の予想は少し甘かった。なぜならば、小池氏がいきなり新党・希望の党を立ち上げたからです。しかも、その新党に対して前原誠司民進党代表が合流を決断し、一気に新党ムードを高めたからです。

JR氏家駅前で行われた街頭演説で、気勢を上げる安倍晋三首相=3日、栃木県(福島範和撮影) 
JR氏家駅前で行われた街頭演説で、気勢を上げる
安倍晋三首相=3日、栃木県(福島範和撮影) 
 ただし、その新党への合流という動きも、小池氏が民進党の全員を受け入れる気持ちはさらさらないと発言したことでさらなる波乱を巻き起こしました。小池氏から公認を拒否された民進党の議員たちは、自分たちの身の振り方を決断する必要があり、立憲民主党を誕生させることになってしまったからです。

 いずれにしても今、都知事選、都議選に続いて、3度目の小池劇場の上演となっているのです。小池氏は、衆議院選に出馬するのか、と。小池氏の総理を目指す野望が今回実現されるのか、と。ただ、前原代表を希望の党にすり寄せる作戦は成功したものの、いわゆる「リベラル派切り」を決定したことによって風の向きが変わってきています。

 何よりもテレビ映りとイメージを大切にする小池氏。今までは「悪者」を仕立てあげ、自分はそれに立ち向かう「正義の味方」を演じていたわけですが、今回は民進党のリベラル派切りを断行したことによって自分が何やら悪者、いや悪者と言っては言い過ぎかもしれませんが、権力者の如く国民の目に映りはじめているからです。
 
 判官びいきが日本人の常。右派か左派かという違いはあるにしても、自分の信念にどれだけ忠実であるか、何のために政治家を目指すのかということに有権者は敏感に反応するものであり、弱い者には味方したい、と。