鍛冶俊樹(軍事ジャーナリスト)

 少し前のことだが、インターネット上で日本の自衛隊と韓国軍の実力の比較が話題になったことがある。何事につけ日本をライバル視する韓国であるから、こうした比較は出るべくして出たとも言えよう。

 韓国の本年度の国防費は約4兆円、日本の防衛費は約5兆円、総兵力は韓国約63万人に対し日本は約25万人、韓国は徴兵制で日本は志願兵制、韓国が陸軍重視で日本は海空重視という対比は地政学的に見て確かに興味深い。

 しかしながら、日韓はともに米国の同盟国であり、米国の圧倒的な軍事力を背景にして東アジアの平和と安定に寄与しているという現実を踏まえれば、「日韓戦わば」などという想定はサッカーならともかく軍事的には意味をなさない。軍隊の実力は、仮想敵との対比で測られる。ならば韓国軍の仮想敵は北朝鮮軍なのであり、韓国の実力は北朝鮮軍との対比によって明らかになるはずである。

 韓国軍と北朝鮮軍は南北軍事境界線、通称38度線を挟んで対峙(たいじ)している。北朝鮮の総兵力約119万人のうち陸軍が102万人、韓国の63万人のうち陸軍は約50万人を占めていることから明らかなように、両軍は陸上戦に最重点を置いている。

 陸上戦において最も有効な兵器は戦車であり、北朝鮮は約3500両を有し、対する韓国は約2400両である。ちなみに日本の陸上自衛隊の兵力は約15万人、戦車約300両であるから、南北両国の陸上戦にかける意気込みが計られよう。

 北朝鮮が兵力、戦車数ともに韓国を凌駕(りょうが)しているが、韓国側は兵器の質の高さによって量の劣勢を補っていると考えられる。もちろん韓国には米軍基地があり、有事となれば米軍が補充されるわけであるが、補充されるまでの間は韓国軍が持ちこたえなければならないのである。

 このことは戦車の内訳からも裏付けられる。北朝鮮で主力をなしている戦車は1960年代に旧ソ連で開発されたT62であるが、韓国の主力戦車K1は、韓国の国産で1988年に配備が開始されている。つまり韓国の方が新型なのである。

 だがここで、賢明な読者は疑問を抱くだろう。「確かに1960年代に開発されたT62は旧式という他ないが、1988年配備のK1も既に30年近くたっておりもはや新式とはいえないではないか? 2000年以降に新式を開発していないのはいかなる訳か?」

 この疑問は実は問題の本質を突いている。日本は韓国がK1配備を開始した2年後の1990年に90式戦車を配備し始め、2010年には10式戦車を配備し始めた。定期的に新型を開発して国産技術の維持向上に努めているわけだ。
訓練中のK2戦車(韓国陸軍ホームページより)
訓練中のK2戦車(韓国陸軍ホームページより)
 実は韓国も2011年にはK2戦車の配備を始める計画だった。ところが現在に至ってもK2戦車は完成していない。技術的な問題を克服するのにまだ時間を要すると思われる。そしてこの開発の遅れは韓国にとって致命的なのである。