小林信也(作家、スポーツライター)

 プロ野球ドラフト会議は前評判通り、早稲田実業の清宮幸太郎(内野手)に高校生史上最多タイ7球団が競合し、日本ハムが交渉権を獲得した。夏の甲子園で6本のホームランを打った広陵の中村奨成(捕手)は、広島と中日が競合し、広島が交渉権を得た。清宮と並ぶ強打者の呼び声高い履正社の安田尚憲(内野手)は外れ1位で3球団競合の末、千葉ロッテに決まった。

記者会見で笑顔を見せる早実・清宮幸太郎(右)左は和泉監督
=2017年10月26日、東京都国分寺市・早稲田実業学校(撮影・大橋純人)
記者会見で笑顔を見せる早実・清宮幸太郎(右)左は和泉監督 =2017年10月26日、東京都国分寺市・早稲田実業学校(撮影・大橋純人)
 横浜DeNAは単独指名で立命大の東克樹(投手)を獲得。ソフトバンクは1位指名で3度も抽選を外し、4人目の入札でようやく鶴岡東の吉住晴斗(投手)が決まるなど、明暗も分かれた。巨人は清宮を外し、中央大の鍬原拓也(投手)を1位で獲得した後、育成も含めて捕手を4人も指名して議論を呼んでいる。このように、さまざまな話題を提供するドラフト会議は「ストーブリーグ」を熱く盛り上げるのに欠かせないイベントとして定着した感がある。

 だが、話題の提供や長年の伝統だからという理由でドラフト制度をこのまま継続する根拠にはならない。私は、ドラフト会議に依存する時代は終わったし、これを廃止しないとプロ野球界の発展はないと感じる。

 「戦力均衡」というキーワードが、侵してはならない聖域のようにドラフト制維持の盾となっている。しかし、ドラフトによって戦力均衡が保たれるわけではない。しかも、戦力が偏ったチームによる戦いだからドラマが生まれ、面白いといった側面も絶対にある。今季にしても「30億円補強」と呼ばれ、フリーエージェント(FA)で3選手を獲得した上、マギーをはじめ外国人選手も補強した巨人が4位に敗れた。支配下選手の平均年俸が12球団で最も安い横浜DeNAが日本シリーズに進出した。この事実はどう説明するのだろう。

 本気で戦力均衡を求めるならば、新人選手のドラフト会議以上に、すでに活躍の実績がある選手たちの移籍やFAの制約を議論すべきだろう。だが巨人の例を見れば分かる通り、案外、自由競争にした方が見かけの戦力は整うが、結果が出るとは限らない。

 いま一般的にドラフト会議は、12球団の戦力均衡のため実施されていると思われており、ドラフト会議が存在することが、プロ野球を公平に運営する精神の表れのようになっている。しかし、実際は少し違う。