2017年10月31日 17:29 公開

キャサリン・バーンズ、BBC番組「ビクトリア・ダービシャー」

小児性愛者(ペドファイル)の中には、自分は決して子供を虐待しないと言い切る人たちがいる。この人たちにはどのような支援体制があるのか。虐待が起きないようにするために、社会はこの人たちとどう向き合えばいいのだろうか(文中敬称略)。

<注意>この記事には題材の性質上、不快に感じられるような詳細描写が含まれています


アダムは私と初めて会うことになった時、数日前にこんなメッセージを送ってきた。

「目印になるように、着て行く服の色でもお知らせします。でもまあ、ただのキモいやつと思ってもらえば(笑)」

待ち合わせたのは土曜の夜ともなると、「1杯で2杯目無料」のカクテルを楽しむ客でいっぱいになるような店だった。でもアダムはただの水道の水でいいという。

彼は見るからに緊張していた。

20代に入ったばかりだが、もっと下と言っても通るだろう。

きゃしゃな体格にさっぱりとした顔つき、茶色の髪、きれいな肌、そして穏やかな話し方。「キモいやつ」なんてとんでもない。

自分は「普通」の人で、友達と遊んだり旅行に行ったり、テレビゲームをしたりするのが好きだと話す。ぱっと見たところ、反論できる感じはしない。

だが、この若者には秘密がある。

「アダム」は仮名だ。本名は使わないでくれと頼まれた。法律を破ったことは一度もないというのだが。

アダムは小児性愛者だ。

小児性愛者という言葉は現在、広く使われている。一般には子供を性的に虐待する人と同じ意味で使われ、性犯罪者の犯行を伝えるニュースによく出てくる。

だが研究者は違った使い方をする。世界各国の精神科医が参照する診断マニュアル、米精神医学会(APA)の「DSM-5」で、小児性愛は「パラフィリア、性嗜好障害」に分類されている。

つまり小児性愛とは、大人が思春期前の子供ばかりに性的魅力を感じる場合の精神状態、という意味だ。

この場合の「小児性愛者」に、子供を虐待した前歴を持つという意味は含まれていない。精神科医や犯罪学者の定説によると、子供を性的に虐待する者全員が、医学的な意味での「小児性愛者」だとは限らない。犯行の動機は多くの場合、強い権力を持ちたい、相手を支配したいという欲望だ。

アダムのような人は、自分たちを「反接触派」の小児性愛者と呼ぶ。子供に性的魅力を感じると自覚しながらも、虐待するのはいけないと分かっている人たちだ。

アダムは13歳の時、自分が人とどこか違うことに気付いた。友達はみんな急に女の子のことを話し始めたのに、いっこうに興味が持てなかった。

本当のことはだれにも打ち明けられなかった。女の子はまるで眼中になくて、気になるのは年下の男の子ばかりだった。

当時はまだ相手の子と大きな年の差はなくて、せいぜいが2~3歳違いだった。

「自分が年をとっても、相手の年は変わらなかった。むしろもっと下がっていった」

アダムはそれからの数年間、十代の若者ならほとんどだれもがするように、周りに溶け込もうと頑張った。

当時のことになると、アダムは早口になった。畳みかけるように話し続けた。

「周りから切り離された気分だった。なんとか隠そうとしたし、ひたすら無視しようとした。そんなことはないんだと、自分に言い聞かせて、普通を装った。学校の勉強に集中して、サッカーに打ち込んだ」。

うそをつこうと心に決めて、同じクラスの女の子が好きなふりをした。美人と評判の子をわざと選ぶくらいの知恵はあった。アダムはとても内気だったので、その子やほかの女の子をデートに誘わなくても、「どうして」と聞いてくる人はいなかった。

けれども当時はまだ、自分が小児性愛者だという自覚はなかった。

「自分の年でそんなはずはないと思った。小児性愛者というのは、子供を眺めてる年寄りのことだと思ってたので」

それもある意味で事実だ。APA分類で小児性愛者に入るのは16歳以上のみ。さらに、性愛の対象になる子供との間に5歳以上の差があることも条件とされる。

デレク・パーキンス教授は、性犯罪者のための治療プログラムを立ち上げた司法心理学コンサルタントだ。

「小児性愛は精神障害と認定されている。本人の意志で選ぶものではない。うつ病や注意欠陥多動性障害(ADHD)の人と同じこと」とパーキンス教授は言う。

「小児性愛を行動に移さずにやっていける人も多い」

アダムはやがて、17歳になった。子供に対する自分の気持ちから目をそらし続けて、すでに4年がたっていた。成長すればなくなるというものではないと気付いたアダムは、問題を「解決」しようと心に決めた。

この時期についての話で、アダムが一番多く口にしたのは「怖い」という言葉だ。

そしてもう一つ、何度も出てきたのが「普通」という単語。いつの日か結婚して子供を持ちたいと、ずっと考えていた。そう話しながら「普通」という言葉を繰り返した。

だがそれは無理なことだと、いつしか思い知らされた。

「しまいには子供に危害を加えて刑務所に入ることになるんじゃないかと、すごく心配になった。そうなれば人生は終わりだと」

アダムのような小児性愛の若者を扱う研究は増えている。その中には、一度も罪に問われたことのない若者もいる。

インターネット上でフォーラムやチャット・グループを立ち上げ、悩みを語り合う人たちも出てきた。

アダムも含めて、当人たちは「小児性愛者」という言葉を嫌うことが多い。メディアが「児童レイプ犯」や「児童虐待者」と同じ意味で使うからだ。

それに代わる呼び名として、アダムは自分は「MAP」だと名乗るの。「minor-attracted person=未成年者に引かれる人」という意味の略語だ。

アダムは一見、感じのいい青年だ。その彼を、「いい人」の印象を与えようとごまかしているだけだろうと決め付けるのはたやすい。本人が心の底で何を狙っているのか、私が証明してみせることはできない。それでもごまかしではないと、私は思う。

アダムに初めて会った時、私は本名と年齢を確認するために写真付きの身分証明書を見せてほしいと頼んだ。出てきたのは数年前の写真で、アダムが怪しげな髪型で写っていた。我ながらすごく時代遅れだと、アダムは自分で自分を笑うことができた。

あくまで礼儀正しく、頭の良さをしきりに強調していた。優秀な大学へ行ったことや、上司からのほめ言葉も話題に上った。

けれども本来、自信にあふれるタイプではなく、ジャーナリストとの会話に緊張しているのは明らかだった。交通機関の乗り降りにさえおどおどする始末だ。

「自分はすごく内気なんです。それは言っておかないと。少なくとも半分は、自分があなたを信頼できるかどうかの問題じゃなくて、実際に自分が赤の他人に会って話ができるか、その勇気があるかどうかなんです」

思春期の頃、子供への欲求を行動に移したいと思ったことがある?

「あまりに恥ずかしがりで、どうせ誰にも何にもできなかった。小児性愛者じゃなかったとしても」

アダムが自分の秘密を明かそうと思ったのは、子供たちを守りたいからだという。

児童虐待のニュースを見ると「どうにもいたたまれない気持ちになる」と、アダムは言う。こうしてマスコミに話をするのは、児童虐待をなくしてほしいからだと。

アダムはきっぱりとそう言う。オンラインでも実生活でも、子供を虐待したことは一度もないと言う。

こちらの質問が終わる前に、アダムは力強くこう答えた。「絶対にない。それは絶対にしません」。

わずかなためらいもなかった。背筋を伸ばしてまっすぐ座っている。背中を丸めたりそわそわしたりしていない。子供に危害を加えるくらいなら、その前に自殺すると言い切った。

しかし、それではどういう子供にどう引かれるのか詳しく説明してほしいと頼むと、話しにくそうな様子を見せ始めた。

体をもぞもぞさせて口ごもり、声を途切らせる。言葉に詰まったまま、会話が次へ進むこともあった。

幼い男の子に「夢中になる」ことは確かにある。そんな時は必死で自分の気をそらせるという。

アダムはテキストメールで私に、自分の「対象年齢」について説明してくれた。

「年齢についての質問に答えられなくてすみません。これを聞かれたらどうしようと、一番恐れていたので(中略)分かってもらえるといいんだけど。僕の対象年齢は1-15歳です。ただ年齢が低い相手の場合は、体より心の比重がすっと大きくなります」

面と向かって話した時も、ほとんど同じ言い方だった。

「対象年齢は1歳から15歳。でも小さければ小さいほど、精神的に引かれる面が強くなる」

アダムは慎重に言葉を選び、口を開く前にいったん間を置きながら話した。

この時すでに、アダムと私の間に人間関係ができていた。十代の頃の疎外感や、子供を決して虐待しないと固く決意していることを、私に話してくれた。

そんなアダムが、ごく幼い子供に引かれると話すのは、聞いていてつらかった。

「幼児をそれほど性的な目で見ることは実際にはない。それよりも抱っこしてあげたい、楽しい思い出いてもらいたいと思う。小さい子に対してはそれがほとんどです」

こう聞くと、どうしても落ち着かない気持ちになってしまう。「それほど性的な目で見ることは」とか、「それがほとんど」という言葉の裏で、言葉にならなかった部分が何を意味するか、考えてしまうとなおさらだ。

アダムさんはさらに説明しようとした。「幼い子供の親だったら、抱っこしてキスするでしょう。ちゃんとお腹いっぱいにして、安全に楽しく過ごせるようにしてあげるでしょう。それと同じ気持ちです。ただ僕は全ての子供、あるいは男の子供にそういう気持ちを抱くというだけのこと」

でも小さい子供が安全に楽しく過ごせるようにというのは、たいていの人が願うことではないのか。

アダムはかすかにためらった後、確かに「ほんの少しだけ引かれる」部分もあるけれど、自分の感情が働いてそれを打ち消してしまうのだと答えた。

具体的な数については議論もあるが、子供に何らかの性的関心を持つ男性は全体の1~5%ほどではないかと言われている。

性犯罪者の中には少数ながら女性もいる。だがこのうち何人が完全な小児性愛者なのかは分かっていない。子供にわいせつ行為をする女性がいることは確かだが、その多くは男性との共犯だ。

小児性愛者には子供だけに引かれる人もいるが、大人にも魅力を感じて同年代の相手と「普通に」付き合う人もいる。

自分も大人を好きになれたらいいと思うのだがそれは無理だと、アダムは言う。

アダムはどうしてこうなったのか。

これまで長いこと、小児性愛者は子供時代に虐待されたり、精神的な痛手を負ったりしたケースが多いと考えられていた。

だがカナダの臨床心理学者、ジェームズ・カンター博士は小児性愛について、脳内の「混線」が原因だと主張する。

小児性愛者の脳をMRI(磁気共鳴画像法)で調べたところ、脳内の異なる領域をつなぎ合わせる白質が少ないことが分かった。

妊娠初期の段階で胎児の脳がどのように形成されるかが鍵だと、カンター博士は考える。

「小児性愛者が生まれる前の段階で予防するのが理想」だという。

アダムはこれまで全力で子供との接触を避けてきたが、それがぐらついたこともあった。

18歳くらいの時、インターネットで「接触派」の小児性愛者たちと知り合った。「子供と性的な接触を持ってもいい。やましいことは一切ないし、子供に危害を与えることにもならない」と聞かされた。

アダムはその話を信じたいと思った。

当時の話をするのはいかにも気まずそうだった。アダムはじっと座ったまま、指をせわしなくこすり合わせていた。

いつか子供を虐待することになるかもしれないという思いはあったのか、と尋ねてみる。

「人生のどこかでもしかして、もしかしてそうなるかもしれないとは思った。今すぐではなくても。だけどそこで思い当たったんだ。これは現に子供を苦しめることだって。自分はこんなことに関わりたくなかった」

ではインターネットで違法な子供の画像を見ることはあるのか。

見たことがないと、答えが返ってきた。「ハイテク通」ではないので、捕まらすに見る方法が分からない。それが理由の一つだと。

おかしな説明だと思った。

アダムさんは後日、テキストメールでもっと詳しく説明してくれた。

「たぶん好奇心から、見てみたかったんだと思います。心の底で(接触支持は)いけないことだと分かっていたのかもしれません。それでも、自分で自分を説得したみたいな感じでした。これから一生、悲しく寂しく生きていくのはいやだと思ったから。でもそんなわけで、とことんやり抜かなかったというか、そこまでして見ようとはしなかった。心の底ではいけないと分かっていたから。でもうわべでは、大丈夫だよと自分を説得していた」

私がほかに話を聞いた「反接触派」の小児性愛者たちも同じように、いつか自分が罪を犯すのではと恐れる時期を通ってきたそうだ。自分のことを「時限爆弾」と呼ぶ人もいた。

でも自分を責めたことはないと、アダムは言う。

「自分で選んだことじゃない。人生運が悪かっただけ。僕は誰にも何もひどいことはしてないのに、どうしてこんなひどい目に遭うんだろう」

当時は自殺を考えたが、今はそんな気持ちに襲われることもめったになくなった。

アダムはさらにいろいろと調べて、「接触派」の小児性愛者たちから離れた。子供の違法画像を見ても、まったく快楽は得られなかった。アダムは、子供を決して虐待しないと心に決めた。

ジェイク(これも仮名だ)も、「反接触派」の1人だ。アダムより1歳ほど年下だが、2人の話は驚くほど似通っている。

ジェイクもやはり思春期の頃、年下の子供に引かれる自分に気付いた。彼の場合、対象は5~11歳の女の子だった。

同年代の女性にも魅力を感じるという。子供に対する気持ちほど強くはないが、このおかげで将来に希望を持つことができる。

ジェイクもアダムと同じように目立たないタイプだ。割とハンサムなので、どうしてずっと独身なのか不思議がられるが、内気なところも同じだ。

私と話している間ずっと、両腕で自分の体を抱き抱えたような格好のまま、ほとんど身動きもせずに座っていた。失礼な感じではなく、苦痛に対して身構えているような姿勢だった。

小児性愛者として一番つらいのは、自分が「だれからも目のかたきにされる集団の一員」だと自覚することだという。

でも子供を虐待することは決してない。ジェイクさんはそう断言する。

「僕にも道徳心がある。善悪の区別はできる。自分がいい思いをするだけのために、そんな風に危害を与えたりしない」

アダムと同じように、「本当は正当化できないことを正当化する」気持ちが抑えられない時期もあった。

性的な接触は絶対にいけないと思っていた。その話とは裏腹に、11歳の少女との「ロマンス」なら許されるはずだと考えた。それがどういう意味なのか、ジェイクさんははっきり言わず、「デートとかそういうこと」と言葉を濁した。

だがこの考えを実際の行動に移したことはないと、きっぱり否定する。

かかりつけの医師に相談しようかと考えた時期もあるが、それはやめることにした。医師と患者の間には守秘義務がある。だが子供が被害を受けた、あるいは受ける恐れがあるとみられる場合、医師やスタッフは当局に通報しなくてはならない。

「リスクの大きさを考えた。危険人物だと思われて、いつ通報されるか分からないから」

自分は小児性愛の傾向があっても抑制できているから、子供を危ない目に遭わせることはない。そう思っていても医師は信用してくれないかもしれないと、ジェイクには分かっていた。

しかし、専門家に相談できたらずいぶん違っていただろうとも感じているようだ。

「自分をだまして無理に考え方を変えたりしたけど、そんな道をたどることはなかったはず」と話す。

この点については多くの専門家が口をそろえる。パーキンス教授も、小児性愛を治す魔法はないかもしれないが、治療は確かに助けになると力説している。

小児性愛者が子供に引かれる自分の気持ちにどう対処したらいいか、そこを手助けするだけの治療ではない。

最大の目的は、子供への性的虐待が起きる可能性を低くすることだ。

「子供を守るという観点からいうと、できるだけ早い時期に医療の助けがあればあるほどいい」と、パーキンス教授は言う。

英国の児童保護団体、ルーシー・フェイスフル財団の臨床担当責任者、トム・スクワイヤーによると、支援体制は決して十分ではない。

この団体は子供の性的虐待を防ぐために、まずは性犯罪者になる恐れのある人に犯行を思いとどまらせることを目指す。「Stop It Now」(今すぐやめて)という名前の電話相談窓口を設けている。

窓口では、子供の性的虐待被害が心配だという人からの電話を受け付ける。親や教師からのほか、自分自身の思いや行動に不安を感じている小児性愛者からの相談にも応じる。

電話をかける人はだれでも匿名で相談できる。

相談者がもしも本名を名乗り、子供やほかのだれかが危険だと思われるような発言をした場合は、団体から当局に通報する。

このほか虐待の画像を見たり実際に虐待したりしたことのある人を対象に、対面式の相談窓口も開設している。犯罪歴のない人が治療を受けることもできるが、700~1000ポンド(約10万~15万円)の費用がかかり、名前を伏せたままでは受けられない。

「StopSO」という別の慈善団体は、性犯罪歴がない小児性愛者への支援として、近くにいる専門のセラピストに紹介してくれる。

問題は資金不足だ。治療を受けたい人がいても費用がネックになる。

StopSOを率いるジュリエット・グレイソンは、英政府からの補助の増額を求めている。「予防に投資すれば確実に効果はある。命を救うことができるし、予算も節約できる」と主張する。

子供の頃に虐待を受けた元被害者のための支援組織、英NAPACはもう少しだけ違う角度から問題をとらえている。

性的虐待を防ぐためのあらゆる取り組みを歓迎するとしたうえで、過去に虐待を受けていた人の支援も必要だと指摘する。

NAPACのトップ、ガブリエル・ショーは「虐待の被害者や過去に虐待を受けた人への支援は、英国全体を通してはなはだ不十分だ」と話す。

「どちらを選ぶかという問題ではなく、全体にわたってもっと力を入れる必要がある。政府や社会全体がこのことを認識するべきです」

英児童虐待防止協会(NSPCC)も同じ考えだ。犯行の恐れがある人と虐待被害者への支援はどちらも「不可欠」だと主張している。

英内務省もまた、支援活動の必要性を認めている。

「まず虐待を未然に防ぐよう手を尽くすことが肝要です。私たちはこの分野の取り組みを支援しています。また子供たちを危害からもっと手厚く守るために、慈善団体や民間企業が新たな取り組みを進めていくことを歓迎します」

つまり言い換えれば、政府も専門家も慈善団体も、小児性愛者を治療すれば子供の性的虐待を防ぐ助けになるという意見で一致しているようにみえる。

しかし驚いたことに、私が取材してきた小児性愛者の若者はだれも専門家に相談したことがなかった。

同じ小児性愛者の仲間が一番助けになるようだ。

アダムは、性犯罪を否定するオンライン・フォーラムが役に立っていると話す。過ちを犯してはいけないと自分に言い聞かせる助けになってくれる。

「反接触派として自分らしく、楽しくやっていけることが分かった」

ジェイクもまた、オンラインのグループのおかげでれっきとした「反接触派」になれたと話す。「自分がどんなにまずい考え方をし始めていたか、それを思い知らされた」

自分が罪を犯すことは決してないと、ジェイクは言う。万が一そうしたい気持ちになっても、「反接触派」のオンライン仲間が必ず「正しい道」へ呼び戻してくれるから、と何度も繰り返す。

ジェイクの目標は同年代の女性と付き合うことだ。一番の壁は「女の子とうまく話せるようになる」ことだという。

自分の小児性愛は、自分の中で受け入れられるようになるまで何年間もずっと隠し通していた。

それからは友達に話せるようになった。「胸のつかえを取らなければ」という一心だった。

初めて人に打ち明けた時は、冗談めかした調子で始まった。それ以来、ほかの友達にも話すようになった。「ちょっと飲み過ぎた」時にふっと口に出してしまうこともある。

打ち明けた相手はみんな「びっくりするほどすんなりと」受け止めてくれた。

「だいたいこんな風に話すんだ。僕は年下の子に引かれるけど、だれかに危害を加えたことはないしそのつもりもない、と」

「何だかんだと聞かれるけど、信じてもらえてると思う」

アダムも友達に打ち明けた。相手は励ましてくれたという。初めて話した時は、陶酔感に近い気分を味わった。

しかし母に打ち明けるとなると、話ははるかに込み入っていた。

告白するつもりがあったわけではない。ある日たまたま泣いている姿を母に見られ、どうしたのかと聞かれた。アダムは言えないと答えた。

母はアダムが同性愛者ではないかと思い、男の人が好きだからかと尋ねた。違うと言うと、さらに考えて言い当てようとした。

女の人が好き?

ううん。

そしてとうとう、母はこう聞いてきた。子供が好きなの?

そう。

子供を決して虐待しないという言葉を、母は信じてくれたという。でも1歳の子供にも引かれると話した時は、表情が変わるのを隠せない様子だった。

そんな話をするアダムさんを見ていると、細くてきゃしゃな体つきが改めて目に付く。まだこんなに若いのかと思い知らされる。はっきりとよどみなく話すアダムさんの口調が、この時の話になると一変して、長い間を置いたり、同じ言葉を繰り返したりした。

「母は……何というか、信じてくれなくて……。母は、母は、えーと、母は『それは小さ過ぎる』と言っていた」

「本当にそうなのかと、何度も聞かずにいられなかったようです。ただうつろな顔という感じで、もうすっかりうつろな目で僕を見ていました。まるで信じることを拒否しているみたいに」

「そんなに小さい子供までなんて、信じられないという。最悪でした。母に悲しい思いをさせたくなかったし、悪い息子になりたくないと思っていたから、もう最悪の気持ちだった」

「僕が感じたのは、ものすごい……自己嫌悪だった気がする。母を見て、自分がいやになった」

幸せで充実した将来に希望を持っているかと尋ねると、アダムはうつろな様子で、「分からない」と答えた。

アダムはまだ本当に若い。罪を犯さないと今は断言できても、この先も長い人生が待っている、と水を向けてみた。

それでもアダムの決意は固かった。

「僕はどんなやり方にせよ、人に危害を加える側になったことはない。相手が子供でも大人でも、だれでも同じ。だれかを傷付けるような要素が、自分にあるとは思わないんだ」

(英語記事 The young paedophiles who say they don't abuse children