新婚の妻逮捕、「毒入り牛乳」で夫など15人以上を殺害か パキスタン

『BBC』

読了まで0分

2017年11月01日 15:39 公開

パキスタンで新婚の妻が牛乳に毒を入れて夫と夫の親族少なくとも14人を殺害した疑いで逮捕された。警察当局が10月30日、明らかにした。

警察によると、中部ムザファルガルに住むアシヤ・ビビ容疑者は先週、夫の牛乳に毒物を混ぜて飲ませようとしたが、夫は飲まなかった。そのため容疑者は代わりに、牛乳からヨーグルト上の飲み物ラッシーを作り、夫と夫の親族に出した疑い。

調べによると、容疑者は昨年9月、無理やりお見合い結婚をさせられた。

お見合い結婚はパキスタンの貧困地区や農村地区では珍しくない。当人の意志に反して、家族が強引に結婚させるケースも多い。

地元メディアによると、容疑者は嫁ぎ先から逃げて実家に帰ろうとしたが、失敗したという。

警察幹部のオウェイス・アハマド氏は、ビビ容疑者が殺人罪で訴追されたと認めた。またビビ容疑者の恋人とみられる男と、そのおばも逮捕された。

ムザファルガル警察はBBCウルドゥー語に対して、この事件で15人が死亡し、さらに8人が近隣ムルタン市の病院に搬送されたと話した。

劇物が入った飲料が最初に配られた先月26日以降、死者数は増えている。発覚当初の死者数は8人だった。

地元警察のムザファルガル・アウェイス・アハマド・マリク警官は、使用された毒の種類について、特定するには被害者の毒物検査が必要だと話している。

(英語記事 Pakistan bride charged over 'poisoned milk' killings