目の前には小田急小田原線の線路が走る。東京都心から約1時間。朝のラッシュ時間には、6分に1本のペースで満員電車が通り過ぎていく。築30年の木造アパートがカタカタと揺れる。2階のワンルーム、家賃は2万円ほど。部屋には電気コンロ1台と流し台だけの小さなキッチンが付き、部屋の中央にあるハシゴを上ると狭いロフトがある。5畳ほどの部屋に、生温かい異臭が満ちていく。まさに戦慄の部屋である。

 10月31日、警視庁に死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27才)は、「自宅アパートで死体を解体した。体から削いだ肉や内臓はゴミとして捨てた」と供述しているという。部屋からは、クーラーボックス3つと、コンテナボックス5つ、ノコギリが発見された。

「クーラーボックスの1つは玄関に置かれていたそうです。捜査員がフタを開けたところ、腐敗の激しい人間の頭部が2つ入っていました。部屋の中には、他にも箱が7つありました。その中からさらに7人分の人間の頭部が見つかりました。他のボックスには手の骨ばかり、また別の箱には足の骨ばかりなど、無数の骨を部位別に入れていたようです。におい消しなのか、猫のトイレ用の砂が大量にまぶしてあったそうです。遺体は少なくとも女性8人、男性1人でした」(捜査関係者)

 すぐにアパート前にはワンボックスの捜査車両が何台も駆けつけた。捜査員は異臭が漂うボックスを抱えて、次々に車に積んでいった。

 事件発覚のきっかけは、東京・八王子に住む女性(23才)が行方不明になったことだった。

「女性は軽い知的障害を抱えていたようです。中学校の途中から学校に通わず、自宅で引きこもって生活するようになりました。最近、ようやく障害者が通う作業所で働き始めたのですが、21日夕方に作業所に姿を見せたのを最後に行方がわからなくなりました」(全国紙記者)

 女性は20日昼過ぎ、ツイッターにこう書き込んでいた。

《死にたいけど一人だと怖い。だれか一緒に死んでくれる方いましたらdm(注:ダイレクトメール)ください。 こちら23の東京です。車ある方だと嬉しいです。》

 女性の兄が24日、警視庁高尾署に「妹の行方がわからない。連絡も取れない」と届け出たことで捜査が始まった。
2017年10月1日、白石隆浩容疑者を乗せた車両を取材する報道陣=警視庁高尾署
2017年10月1日、白石隆浩容疑者を乗せた車両を取材する報道陣=警視庁高尾署
「兄が妹のパソコンを調べたところ、ネットで男性と連絡を取り合っていた。その男性が、白石容疑者だったようです。女性と白石容疑者は23日、アパート近くの小田急線相武台前駅やJR八王子駅で一緒にいるところが、駅の監視カメラで確認されました。そこで、警察が白石容疑者のアパートに踏み込んだところ、複数の遺体が見つかったんです」(前出・全国紙記者)

「殺害した女性はすべて30才未満。一部の女性には性的乱暴をしてから殺した」と容疑者は供述しているという。