大島てる(事故物件サイト「大島てる」運営管理人)


 「大島てる」は、私、大島てるが平成17年に開設した「事故物件」という、不動産に関するネガティブ情報をみんなでマッピングしていく投稿型サイトです。

 神奈川県座間市のアパート一室から9人の切断遺体が見つかった事件では、このアパート内の隣人とみられる人物から「大島てる」にさっそく投稿がありました。

大島てるの投稿
大島てるの投稿
 しかし私は、この投稿者が本当に「隣人」なのか否かについて、公にすることができません。そもそも、私自身も投稿者の素性を把握していません。事故物件の大家や地主からすれば、誰が投稿者なのかを知りたいところでしょう。だからこそ、大島てるとしては、投稿者のプライバシーを保護し、誰でも安心して情報提供できる環境を整備しています。

 今回、本当に隣人が投稿したのであれば、私にとっては大変喜ばしいことです。大島てるは、事故物件をみんなで投稿していくサイトですが、大家や地主が隠蔽したくなるような情報を有している人は、そんなにも多くありません。

 その数少ないうちの誰か一人に、大島てるへの情報提供を期待しているわけですから、大島てるというウェブサイトの存在は皆さんに認知してもらう必要があります。そのために、これまで日々精力的に広報活動を行ってきたわけです。この度の投稿は、大島てるの認知度向上の一里塚と言えるかもしれません。

 そもそも事故物件とは、殺人事件や自殺、それから孤独死など、人の死にまつわる歴史的事実に対し、通常は嫌悪されてしまう土地や建物のことです。典型例として、殺人事件現場となったアパート等が挙げられます。

 そういった事故物件の情報を広く一般に知らしめられることは、どれほど一般消費者にとって有益であろうと、事故物件の大家や地主としては、やはり歓迎できない事態であろうことは想像に難くありません。

 もちろん、法令や判例を研究すれば、借り主や買い主に対して事故物件であることを告知する義務はあるのですが、それでもなお隠蔽(いんぺい)したいという大家や地主は存在します。

 平成22年、横浜市のマンションで発生した死体遺棄事件に関連して、現場マンションの大家から「大島てるによる記事は事実無根で名誉棄損にあたる」として、横浜地方裁判所に民事提訴されました。大島てるに掲載された記事の削除や金銭の支払いに加え、謝罪文の掲載まで求められたのです。もちろん、記事は真実であり、結果は大島てる側の完全勝訴でした。

 こうして事故物件情報の公示は法的に正しいという司法の「お墨付き」を得られたのですが、それならば大島てるを黙らせ、事故物件情報を隠蔽するにはもはやテロリズムしかないと安直に考える輩(やから)が現れても全く不思議ではありません。