「日本のせいで巨額貿易赤字」トランプ米大統領、不満述べる

『BBC』

読了まで0分

2017年11月06日 17:31 公開

訪日中のドナルド・トランプ米大統領は6日、都内で開かれた日米財界人会合で、対日貿易赤字に対する不満を表明し、より公正な貿易関係を求めると述べた。

12日間にわたるアジア歴訪の最初の訪問国となった日本でトランプ氏は、過去数十年間にわたり日本は貿易で「勝ってきた」と語り、米国内でより多くの自動車を生産するよう呼びかけた。しかし統計では、日本の自動車メーカーがすでに米国内での生産台数を増加させていることが示されている。

トランプ氏のアジア歴訪では、北朝鮮の核・ミサイル開発問題や貿易が主要な議題となる見通し。

トランプ大統領は財界人会合で、米国が「長らく、何年もの間、日本のせいで巨額の貿易赤字に悩まされてきた」とし、「自由で相互に恩恵のある貿易を望んでいるが、日本との貿易は今、自由でなく相互に恩恵がない。今後はそうなるはずで、取り組みは始まっている」と語った。

トランプ大統領は、日本が米国の防衛装備品を購入していると称賛した。日本にとって米国は中国に次ぐ貿易相手国。

トランプ大統領はさらに、雇用や投資面で米国が最も魅力的な場所になることを望んでいると述べた。

貿易関係

米財務省によると、日本の対米貿易黒字は2016年に690億ドル(約7兆8900億円)に上った。

トランプ大統領は今年1月の就任後間もなく、環太平洋経済連携協定(TPP)からの離脱を表明した。米国を除く参加国11カ国は交渉を続けている。

メイド・イン・アメリカ

トランプ大統領は6日、日本の自動車メーカーを標的にし、「自動車を輸出するんじゃなくて、合衆国で作ってみるべきだ。そんな大変なお願いじゃない」と述べ、「頼むのは失礼じゃないだろう?」と付け加えた。

しかし、非営利団体の日本自動車工業会による統計では、日本のメーカーの米国生産台数が全体の大きな部分を占めていることが示されている。

統計によると、2016年に米国で販売された日本ブランドの自動車の4分の3が北米で生産されており、米国生産台数は400万台近くに上った。エンジンは470万基が米国で製造された。

また、米国内に24カ所ある工場や、研究開発やデザインを行う43施設への投資総額は4560億ドルだった。

(英語記事 Trump lashes out at 'unfair' Japan trade ties