被害者の「匿名問題」に隠された障害者差別という現実

『月刊「創」』 2017年9月号

読了まで13分

尾野剛志(津久井やまゆり園家族会前会長)

 津久井やまゆり園での事件からもう1年ですが、考えてみればあっという間でした。1日1日を考えた時は凄く長くて、やっと今日も終わったという感じでした。僕は2015年3月まで17年間、津久井やまゆり園の家族会の会長を務めてきました。園や家族のほとんどが実名を出さず、取材も受けないという中で、僕だけは話をしなくちゃいけないという気持ちに駆られて名前を出しました。
報道陣の取材に応じる尾野剛志さんと妻のチキ子さん=2017年1月26日、相模原市(共同通信)
 多くのマスコミの方から取材していただいて、1日1日、事件について聞かれるのが辛かったんです。でもこうして1年経ってみると、早かったなというのが今の気持ちです。

 2016年7月26日は、朝7時半に園に行きました。5時15分に妻の友達から電話で起こされたんです。「尾野さんの息子、津久井やまゆり園だよね? 大変なことになってるから、ちょっとテレビつけて」と。慌ててつけたら、もう植松が逮捕されていて「15人死亡」というテロップが流れている。その後、犠牲者は19人になりました。

 これは大変だということで私が駆けつけたのが7時ちょうど。園の中に入ったのが7時半でした。既にほとんどの遺族の方はいらしていたようで、僕は自分の息子の一矢のことが心配だったので、体育館に行ったのですが、そこにA4の紙が4枚あって、1課、2課、3課、4課と書いてありました。息子がいる施設は4課なんですが、その4課を見たら、〇が書いてあるのが5つ、×が書いてあるのが4つあって、何も書いてないのが8つか9つ。その何も書いてないところに息子の名前があって、立川の災害医療センターと書いてあったんです。だからすぐに向かいました。

 一矢は何針も縫う大けがで、お腹を刺されて大腸がちぎれる寸前でした。全部割腹して、きれいに洗って縫い上げました。手術が終わった後も「明日の朝までは予断を許さない」と言われました。

 その時、「本人と会っていって下さい」と言われて会いました。一矢は麻酔が効いているはずなのに、僕が看護師さんと話している時に、娘が「お父さん、一矢が泣いてるよ。お父さんの声、聞こえるんだよ」と言ったんです。見るとホントに涙が出ているんですよ。僕もどうやって家に帰ってきたかわからないほどのパニックでした。一矢は結局、23日間入院しました。

 もともとお父さんとかお母さんとは喋らない、自分の言いたいことしか言わない子でした。それが、入院した時、4日めに行った時、急に「お父さん」という言葉を出してくれて、僕も感動しました。退院してきて、今は顔を見て「お父さん」とか「お母さん」と言って、話をしてくれるんです。だから一矢のために、生きている間は頑張ろうと思いました。
匿名報道は親族が差別を恐れるから

 その後、遺族はいっさい匿名になってマスコミの前で名前と顔を出して話すことはないのですが、僕はそのことに反対なのです。7月26日、僕が行く前に遺族の方が5時半くらいにいらしてて、入倉かおる園長に絶対に名前を出さないで下さいとお願いをしたらしいんです。そこで園長と家族会の大月和真会長が津久井警察署に電話をしたんですね。

 警察署は最初断ったようです。被害者の方は実名報道ですよ、ということで断られた。でも遺族の方が園長と会長に懇願して、もう一度津久井署に電話をしました。それで警察の方は本庁とも協議したんでしょう。「今回だけは障害者なので特例として匿名を認めます」ということで、匿名になったというんです。

 しかも遺族だけじゃなくて負傷者の家族までいつのまにか匿名になってしまった。家族で実名を出して取材に応じたのは僕ともう一人だけでした。

 僕はそれが納得できなくて、警察が「障害者だから匿名にします」というのは、差別じゃないかと思うんですね。僕は障害者という言葉自体も嫌いなんですけれど、健常の方も障害を持っている方もそれぞれ個性、特性があるんです。うちの一矢も一人の人間なんです。

 この事件で「障害者だから匿名を認める」となると、犠牲になった方は名前が出ないわけですよ。19人の中には津久井やまゆり園で何十年も暮らしていた人もいたのに、そこにいたことにならなくなってしまう。彼とか彼女の人生は何だったのかなと思うと、植松にも殺されて家族にもまた殺されてしまったという気がするんです。

 敢えてきつい言い方をさせていただくと、名前を出したくないという家族の方々が、被害を受けた当人でなくて、家族が差別されるから名前を出したくない。自分の保身で出さないんだと、僕はそう思っています。
障害者施設「津久井やまゆり園」正門前には献花台が設置され、施設関係者や地域住民らが犠牲者らに思いをはせた=2017年5月26日、神奈川県相模原市
 亡くなった人はこういう人生を歩んできたんだよ、大変なんだって知ってもらうことが、この事件を風化させないことだと思っているんですが、今はそうなっていない。ただ、最終的に決めるのはご家族だから、心が癒えて話してくれるのを待つしかない。僕がそれに対して「実名にしなさい」とは言えません。

 匿名にする理由は、障害者が差別されてきた、偏見がなくなっていないからです。だから多くの家族は子どもを隠しているんです。私の知っている人ですが、1日だけテレビで顔を出したのですが、故郷の方から電話がかかってきたそうです。自分の子が障害者とわかったら、親戚、近所みんなから言われて恥ずかしい思いをする。だから、それまで知らせてなかったようなんです。そういう差別が続いてきたことが、今回の事件で犠牲者が匿名になった理由です。
植松とは面識があった

 僕は妻と再婚しましたから一矢は僕の子ではないのですが、一矢が4歳の時に知り合って、全然恥ずかしいと思ったこともないし、障害を持った子がいることを隠そうと思ったこともありません。
事件で一時意識不明の重体となった尾野一矢さん(中央)と父の剛志さん(右)と母のチキ子さん=2017年6月(河野光汰撮影)
 僕が知っている範囲でも、子どもが津久井やまゆり園にいるのに一度も来ない人がいるんです。障害をもった人が亡くなった時に、家族がお墓に入れないという例もあるんです。これが現実なんです。知的障害者であっても自分の子どもはかわいいんですが、それをわかちあえない。だから仕方なく隠す人がいるんです。

 家族会の人たちは互いに顔も知っていますし、匿名でという人たちに僕がおかしいとか言う立場ではないと思います。事件の後、家族会でその問題について話す機会もありませんでした。2016年10月6日のお別れ会には、県の部課長も来たのに、遺族は一人も来ませんでした。まだ気持ちの整理がついていなかったのでしょうね。

 ただ、それから時間がたって、今年7月22日に芹が谷園舎で祈りの集いをやったのですが、その時は亡くなった19人のうち8人の方の遺族、親戚なども含めて十数人が来ていらっしゃいました。

 僕が名前と顔を出して息子のことを語るのも、黙ってしまうと植松に負けたことになるんじゃないかと思うからです。

 僕は家族会の会長を17年もやっていたので、植松とも面識があるんです。息子のいたホームとは別のホームの職員だったために親しくはなかったのですが、話したことも二度くらい覚えています。

 植松は僕のことを知っているから、「会長会長」と言ってました。催し物などの時にも「会長さん、一矢さん元気にやっていますよ」と言ってくれました。

 逮捕されたのをテレビを見た時、最初は彼ではないと思ったんです。全然違う顔でした。職員になりたての写真が出て、初めて彼だとわかったんです。もともとの植松は、好青年で凄く朗らかでした。

 でも、ある日突然刺青をしていることがばれてしまった。その刺青をどうすべきか園の会議でいろいろ意見があったけれど、当時は真面目にやっていたから刺青があるだけで辞めさせるのは酷じゃないかとなったのです。入浴介助や夏のプールの時はウェットスーツを着て刺青を隠してやってきました。

 でもその頃から植松の言動が変わったと言われるんです。障害者に対しても馬鹿にするような言葉の虐待をするようになって、職員が注意すると「わかりました。すいません」と言うのですが、またそれを繰り返す。そうするうちに衆院議長のところへ手紙を持っていくというあの事件につながっていったわけですね。
津久井やまゆり園の建て替えをめぐる議論

 2016年7月26日の事件の後、津久井やまゆり園をどうするのかという問題が起こりました。ダメになってしまった部屋が幾つかあって、被害がなかった部屋に入所者がギュウギュウ詰めで入り、それでも入れない人たちは9月1日まで2カ月ほど体育館で暮らしました。

 その後、三浦しらとり園、県の建物で厚木の七沢の老人介護だかの建物、かながわ共同会が運営している秦野精華園と愛名やまゆり園、厚木精華園に何人かずつお願いをして、入所者が移りました。9月21日にうちの息子も七沢に行ったのです。それで事件当時津久井やまゆり園にいた135人が全員、居場所を確保したわけですね。

 そして9月に神奈川県の黒岩祐治知事が、私たちの要望に対して150名収容の昔の状態のままで建て替えますとおっしゃったんです。10月か11月に青写真が出来まして費用が60~80億円かかるとされました。

 そしたらその頃、全国の障害者団体だとかグループホームやってる人たちとか、いろいろな人たちから「歴史に逆行してるんじゃないか」「地域で暮らすことが幸せなんだから、大きな建物を建てずグループホームなどにすべきだ」と反対の声があがったんです。

 そこで、県としては「ではもう一度改めて検討しましょう」ということで、検討委員会の部会が出来たのです。部会は全部で12~13回やるのでしょうか。8月2日に最終結論を出して知事に報告する。あとは知事と県議会とかそういう人たちで精査して、最終的な県の方向性を発表するようです。
「津久井やまゆり園」の殺傷事件で、県が設置した第三者検証委員会の初会合であいさつする黒岩祐治知事=2016年9月21日、横浜市
 昨年秋に知事が発表して青写真まで作ったのにひっくり返ってしまったわけです。全国の障害者関連団体の方が反対をしています。ただ反対する人たちは津久井やまゆり園のことを知らない人たちで、家族とも会っていません。

 もちろん反対の意味がわからないわけじゃないんです。2003年に支援費制度が出来、国が改革した支援制度の一つとして、コロニー的な大規模施設は縮小しなさい、あとはグループホームなどにして、地域で共生社会の流れを作りなさいということになった。そこで宮城県、群馬県、兵庫県とか、長野県もそうですけど、全部ある程度小さくしたんです。
神奈川県の対応は順序が違う

 昨年、神奈川県が建て替えか改修かで打診して来た時に、僕ら家族会はもう改修は不可能ですと申し上げたんです。家族はほとんどの方が建て替えをお願いしたいということで、知事や県議会議長のところにお願いに行きました。その結果、知事が建て替えをしますと言ったのに今ひっくり返ってしまったので、家族会としてはすごく憤慨しているんです。家族の気持ちが全然汲まれていないことに、すごい憤りを感じています。
事件発生から1年となった知的障害者施設「津久井やまゆり園」で、献花を終えた車いすの男性=2017年7月26日、相模原市
 津久井やまゆり園の建て替え問題では、県障害者施策審議会の専門部会がやっている結果はまだ出ていないんですが、8月2日に報告書を県にあげるということなので、大月家族会会長が「8月5日の夕涼み会の日に堀江部会長に芹が谷に来て頂き、説明を聞きたいと思っている」と発言しました。8月5日夜は津久井やまゆり園の納涼祭なんです。

 結局、専門部会は僕ら家族会の要望と違う方向に向かっているんです。分散化とか二極化とか色々言われてますが、施設を小さくしてグループホームとかにしようという方向にいってるので、それは僕ら家族会が県にお願いしたのとは、話が違うのです。

 僕があちこちで話させていただいているのは、要するに順序が違うということです。グループホームに行きなさいというのであれば、先に津久井の周辺とか座間とか相模原とかに作って下さい。そうして僕らに選択肢を下さいよと。体験入所して、良ければ入所していけばいいんです。それが支援制度なんですから。

 先にそういう受け皿を作ってもらって、それから話してくれれば、僕ら家族もちゃんと協力もします。津久井やまゆり園じゃなくたって、利用者がいつでも穏やかに暮らせるところがいいわけですから。

 この建て替え問題にしても、匿名の問題にしても、知的障害者を含めた障害者と言われる方々が差別されているという現実が、まず問題だと思っています。

 そうした差別は日本の文化や風土と結びついていて、根本的に変えるには100年かかるかもしれません。でも、僕はこの事件の背後にある差別や偏見をなくしていくことが一番大事なことだと思っているんです。 (談/2017年7月収録)



この記事の関連テーマ

タグ

相模原事件、植松聖被告「獄中ノート」

このテーマを見る