篠田博之(月刊『創』編集長)

 「わざわざおいでいただきありがとうございます」。植松聖被告はそう言って、面会室で立ったまま深々と頭を下げた。あの凶悪な事件を起こした犯人と思えないような丁寧な対応をするというのは聞いていた通りだ。

 2016年7月26日未明、津久井やまゆり園に侵入して、障害者19人を殺害、多数に重症を負わせた植松被告に接見したのは17年8月22日のことだった。グレーのTシャツを着てさっぱりした印象なのだが、報道されてきたイメージと印象が異なるのは、髪の色が違うからだろう。逮捕後の植松被告については、彼が送検時に車の中で不敵な笑いを浮かべた映像が何度も公開されたが、あの金髪が強い印象を与えているようだ。髪の色が黒くなった植松被告は、ごく普通の若者という感じで、街中に現れても周囲の人は彼だと気づかないだろう。
植松聖被告(フェイスブックより)
植松聖被告(フェイスブックより)
 「髪を染めていたのを黒に戻したの?」。そう尋ねると彼はこう答えた。
 「いや、伸ばしたままにしているだけです。だから後ろの髪の先のほうはまだ前のままなんです」。そう言って首をひねると、後ろで束ねられた髪の先が確かに金髪だった。

 津久井やまゆり園の事件については、改めて詳細を語るまでもないだろう。精神鑑定の結果、植松被告は「自己愛性パーソナリティ障害」という診断を受け、刑事責任能力ありと判定されて2月24日に起訴された。驚いたのはその直後から彼が立て続けに新聞社の取材に応じたことだ。24日は金曜だったが週明けの27日月曜から、東京新聞、朝日新聞、毎日新聞、神奈川新聞と各紙が接見した。

 接見は1日1組と制限されているので、毎日各社が接見希望を出したのだが、3月3日に接見予定だった通信社の依頼を植松被告は拒否。その後、マスコミの接見には応じていない。唯一、朝日新聞記者が事件の犠牲者の家族を同行していったのに応じただけだ。今回、本人に確認すると、毎日1社ずつ会っていってもきりがないと思ったことと、弁護士に止められたこともあったという。