新聞、テレビが絶対に報じない「障害者殺人」植松被告の罪意識

『月刊「創」』

読了まで12分

篠田博之(月刊『創』編集長)

 相模原障害者殺傷事件の植松聖被告との手紙のやりとりや接見の内容を掲載してきたが、今回は、彼自身が書いた手記も掲載した。彼はいまだにあの凄惨な事件を起こした自分の主張を誤っていたと認めておらず、むしろそれを多くの人に訴えたいと考えている。手記でも、その彼の考えが随所に語られており、新聞・テレビなどの大手マスコミでは到底掲載不可能な内容だ。しかし、あの忌まわしい事件を解明するためには、彼がどんな動機で事件を起こしたかを知らねばならない。

 そのために彼自身の言葉をなるべく原文のまま『創』で取り上げていこうと思う。植松被告の言葉は、多くの人にとって差別的で許せないものだろう。しかし、そうであっても彼の主張を記録し公開することに意味があると思う。現状においては他のマスコミが植松被告と接触できておらず、彼の言葉を伝え得るのが『創』だけという事情もある。そのことも敢えて掲載していこうと思う理由である。

 さて今回は、この間、植松被告と交わしてきた「死」または「死刑」についての議論を紹介しよう。これまで書いたように、彼は「意思疎通のとれない人間」を「心失者」と呼び、心失者は生きていても仕方ないと主張する。それが昨年、障害者を殺傷した動機でもあるのだが、同時に死刑を宣告された死刑囚についても、税金の無駄なので早期に執行すべきと主張する。このままであれば彼自身も死刑を宣告される可能性があるのだが、自分の死については、彼はいったいどう考えているのか。

 また植松被告は、障害者を殺傷したことは正しかったと言いながら、被害者の家族を悲しい目にあわせたことは本意ではなかったと謝罪している。ナチスの大量虐殺についても、障害者を虐殺したことは正しかったが、ユダヤ人虐殺は誤っていたという。しかし、そういう線引きは果たして可能なのか。大切だと認める命と価値がないという命をどう区別するのか。そんな疑問をこの間、植松被告にぶつけてきた。
(iStock)
 まず最初に9月5日に植松被告に接見した時のやりとりの一部を紹介しよう。

 篠田 君は昨年、津久井やまゆり園に侵入した時、抵抗した職員に向かって、自分も命を賭けているんだと言ったそうだけど、この事件で死刑になる可能性があることは理解しているわけね。
 植松 はい。

 篠田 死刑になるかもしれないと覚悟してやったわけだ。
 植松 はい。

 篠田 君は2月に接見禁止が解除された直後にマスコミの取材を受けて、事件の被害者家族に謝罪をしたけれど、家族には申し訳ないと思っているわけね。
 植松 そうです。

 篠田 でも障害者への気持ちは今も変わらない。そこがわかりにくいのだけれど、どの命も大切だという考えはないの?
 植松 いや、そこは全然違うと思います。
「罪を償う」とは「人の役に立つ」

 彼との議論はいつも平行線だ。でも次に届いた手紙を読むと、「とても考えさせられました」と書いている。そうであればこそ、植松被告とは今後も議論していかなくてはならないと思う。
(iStock)
 私が接見したその日に、彼はすぐに手紙を書いたようだ。9月5日付の手紙でこう書いてきた。

【9月5日付、植松聖被告の手紙】
 本日も遠くまで面会に足を運んで頂きまして、誠にありがとうございました。
 この度の面会で、篠田先生の言われました最後の質問は、とても考えさせられました。そして、上手く言葉にしてお伝えするには難しい内容ですが「人間が幸せに生きる為に、心の無い者は必要ない」と、考えております。
 大変恐縮ですが、篠田先生は死刑囚の肩をもつ文章が見受けられますが、それは、長年つきあう中で産まれた哀れみや同情と思います。
 それこそ人間のもつべき心情ではありますが、心失者を擁護しては誰も幸せになりません。
「罪を償う」とは「人の役に立つ」と、考えることはできないでしょうか。
 しかし、人の役に立つことは容易ではございません。
 生きる為には常に与えられる必要がありますので、その対価を支払えないと判断され、死刑になるのは仕方が無い選択ではないでしょうか。
 なにとぞ、宜しく御願い申し上げます。

 その前の8月26日付の手紙で彼はこう書いていた。

【8月26日付、植松聖被告の手紙】
 私の推測では、これから日本は戦争の中心となり、その戦火で私は死ぬと考えています。残念ではありますが、命を賭けた結果ですので、死を受け入れてはいます。
 篠田先生は「死」について、どのようにお考えでしょうか。私は十中八・九「無」だと思っています。
 終わりが無なら、がんばっても意味が無いと考えることもできますが、それでは“人間”として生まれた幸運を無駄にしてしまいますし、分からないことを考えても仕方がありませんので、自分ができることを精一杯がんばります。

 「現実を見ろ」と人は言う。しかしそれは、絶対にたやすいことではない。特に組織の“自転”の中では、それは不可能に近いことであろう。
 人に本当の現実が見えるのは、一瞬「我に帰った」ときだけかもしれない。「我に帰る」。すると急にすべてが、どうみてもおかしい。
 ――一下級将校の見た帝国陸軍より

 『創』に接見時の植松被告とのやりとりを紹介し、ニュアンスが違うという指摘が植松被告からあったら次号で訂正する、と書いた。それに関する9月21日付の彼からの手紙を紹介しておこう。
大麻を吸うと「生きている喜び」を実感します


【9月21日付、植松聖被告の手紙】
 この度も『創』10月号を差し入れて貰いまして誠にありがとうございます。
 篠田先生がほとんど頭のメモだけで鮮明に記した対談を拝読させて頂きました。優れた脳ミソは、創りがどう違うのか、とても気になります。
 そこで、訂正ではないのですが、私は謙遜して「半分の同意」と答えています。
「意思疎通がとれない者を安楽死させる」考えを本心で否定するのは「バカ」と「ブサイク」です。
 バカは自分で考えることができずに、常識を丸呑みし、ブサイクは風当たりが厳しい為に、周囲の意見に同調します。更に言うと「自分より下の存在」が欲しいだけかもしれません。
 希望の無い者は人の足を引っぱることしかできませんし、山程ある問題を何も解決せずに否定をすることが博識と勘違いしています。
「私は考えています」それを主張する為に「障がい者」「障碍者」と述べる識者を、本当はバカなんだろう。と、疑っています。
 もし、手足がなければ面倒で不便な障害ですが、それを克服して強くなる姿に感動を覚えるはずです。
 人を想う心があれば、障害者も健常者も関係ありません。人生は、大麻を吸って楽しくお喋りすれば、それで充分です。
 
 日本人は「大麻」に対する無知の知を認め、学ぶ必要があります。
 大麻が「薬」になる理由は、楽しい心が身体を「超回復」させる為です。
 大麻は生産性が落ちると指摘されますが、それは完全な誤解であり、その原因は“気温”です。
 大麻を認めない本当の理由は「タバコ・精神薬」を売り捌く為です。
 大麻を吸うと「生きている喜び」を改めて実感します。生きることが当たり前の社会では、命に対して無自覚になります。
 皆様は、首輪でしばられた番犬の気持ちを考えたことがあるでしょうか。
 津久井警察署の前の家では番犬を飼っていましたが、その鳴き声は「人間死ね‼」と、憎しみに満ちていました。
 私は、大麻を吸って障害者支援の夜勤をしたことがあります。それは、より心を開き会話を試みる為ですが、それでも、心失者とは会話ができませんでした。
 話を戻しますと、年金・生活保護受給者などの自立できないヒマ人ばかりが声を挙げる日本で、私の考えに賛同できるはずがありませんし、空気を読めばそれが異質な思想であると分かります。
 ですが、その集団から離れて個人に問いかけた時に、心失者を擁護するわけがございません。彼らを安楽死させることは仕方が無いことです。
 このような文章では反感を買うだけかもしれませんが、私に人心掌握する技術はございませんので、自分の信じる正論を述べることしかできません。

投げかけられる本質的な疑問

 『創』10月号で紹介した面会室でのやりとりについては、概ね間違っていないというわけだ。それから9月号で雨宮処凛さんが引用した朝日新聞取材班『妄信 相模原障害者殺傷事件』の記述について、こう指摘してきた。

 職員を叱責したのは本当ですが、勤務先の周りでビラを配ることはしておりません。
 余談になりますが、叱責した女性職員は、真夜中にも拘らず、利用者様に布団を運ばせる仕事を手伝わせていました。
 それが、本人のできる仕事を与える前向きな考えであれば、良い支援かもしれません。

 朝日新聞取材班の『妄信』は、この事件の取材に総勢50人を動員したというだけあって、事実経過が詳しく書かれており、私も参考にしている。大新聞社だからこそ書ける労作だが、それゆえにこそ本人が誤りだと言う箇所は指摘しておきたいと思う。原文はこうだ。
 

2月ごろには「障害者が生きているのは無駄だ」などと書いたビラを、勤務先の周りで配り、園の聞き取りにも自説を曲げなかった。(『妄信』より)

 それに関連して書いておくと、植松被告についてのネットにあふれた情報には裏の取れていない怪しげな情報が少なくない。凄惨な事件だけにおどろおどろしい話が流布されがちなのだ。こうして本誌が植松被告自身の言葉を報じるのも、少しでも正しい情報が伝えられることを期待してのものだ。

 ちなみに、植松被告は、昨年の事件を最初は10月頃敢行する予定だったが、ヤクザに狙われるかもしれないので計画を前倒ししたと供述したとされている。これも背後に黒幕組織があったのではないかなどと憶測を呼ぶ一因になっているのだが、接見の時に聞いてみると、「そういうこともあり得ると思っただけで、深い意味はありません」とのことだった。

 さて、この間、本誌が植松被告の発言を詳しく掲載しているとあって、いろいろな方から手紙やメールをいただいている。その中には精神科医や障害者施設関係者も少なくない。例えば、私がヤフーニュースに書いた記事を見て、こんなコメントが寄せられた。

 いわゆる障害者と一緒にいる職場でずっと働いてきたものとして、いちばん知りたいのは彼が何年間かいっしょに時間を過ごしてきた事件の被害者たちを死んだ方がいいと思うようになった経緯です。彼が働き始めた頃に書いた文章を読んだのですが、若者らしい希望のある文章でした。
・その彼がなぜ、長い時間をいっしょにすごした人たちを殺そうと思うに至ったのか?
・そう思い至るような「やまゆり園」の処遇があったのか?
・そして、地域で生き生きと暮らす重度の知的障害者の姿を見たことがなかったのか?
・長い時間、いっしょにすごしたのに言語以外のコミュニケーションを使って、彼や彼らの思いを感じることができなかったのか?
 などです。
 ぜひ、篠田さんには彼との信頼関係をもとに、そこまで聞き出して欲しいです。

 これは結構本質的な疑問で、既に私も植松被告とは議論している。おいおい明らかにしていこうと思う。

この記事の関連テーマ

タグ

相模原事件、植松聖被告「獄中ノート」

このテーマを見る