西角純志(津久井やまゆり園元職員)

 津久井やまゆり園の事件から半年を経て、NHKは2017年1月26日に「19のいのち」というサイトを立ち上げました。犠牲となった19人のプロフィールをイラストを使って紹介し、関係者のコメントやいろいろな意見を取り上げています。
 
 それ以前にNHKで放送されたのが、私が出演した2016年12月6日の「ハートネットTV シリーズ相模原障害者施設殺傷事件 匿名の命に 生きた証を」でした。

 その活動そのものは『創』2016年10月号「亡くなった19人中6人が私がお世話した方だった」や『現代思想』同10月号に「津久井やまゆり園の悲劇―『内なる優生思想』に抗して」を寄稿した昨年9月から始まっていました。私は、やまゆり園の元職員として自分にできることは何かと考えた場合、19人の「声なき声」を拾い集め、文字化・言語化していくことだ、と思っていました。その頃は、ちょうどNHKから取材を受けていた時で、「ハートネットTV」の密着取材のもと、私はやまゆり園関係者に連絡を取るようになったのです。

 今回の事件では、犠牲者19人は語られない人、語るに足りる人生がなかった人とされています。遺族の感情を考慮し、名前を公表しないという警察の匿名発表もこれを裏打ちしています。彼らは殺害される以前から語ることができない人にされておりました。19人が記号としてしか処理されていない今回の事件を見て当惑するのは私だけではないと思います。

 犠牲者一人ひとりの人生は津久井やまゆり園で共に過ごしたボランティアさんも含めて多くの人々の心に刻まれているはずです。19人の「生きた証」を言語化し文字化するというのは、植松容疑者の「障害者はいなくなればいい」という言動に対する社会的なアンチテーゼでもあります。「痕跡も何もなくなればいい」ということではいけなくて、痕跡を残していく必要があるのだ、それが事件を風化させない、忘れない、というメッセージになると考えました。

 ただ、今の段階で考えてみると、それだけではなく、今後、匿名での裁判ということになれば、裁判における証言として、「生きた証」というものが意味をもつことになるとも考えられます。

「津久井やまゆり園」の元職員・太田顕さん=2017年2月21日、相模原市
「津久井やまゆり園」の元職員・太田顕さん=2017年2月21日、相模原市 
 今回の「聞き取り」活動そのもののアイディアは私ですが、やまゆり園に勤めていたのは2001年から4年間だけなので、園に36年間勤務した太田顕さんに協力を依頼しました。太田さんとは懇意で、『現代思想』の原稿を見てもらったりもしていました。具体的にどのような取り組みを行うか、ということで、2016年11月から元職員等に聞き取りを始めることにしました。11月5日に太田さんの家で打ち合わせをして、それから2週間ぐらい連日、連夜、やまゆり園関係者などいろいろな所を回りました。

 「ハートネットTV」は反響を呼んで、『東京新聞』が12月8日夕刊トップで報じ、そのあと朝日、読売、産経、毎日と取材が続き、年が明けてからも共同通信、NHK、時事通信、神奈川新聞の取材がありました。12月15日の阿佐ヶ谷市民講座では報道陣含め約70名の参加者がありました。こんなに関心が高いとは思いもよりませんでした。

 12月26日には献花台の撤去のニュースが流されました。これは『日刊スポーツ』が一面を割いて報道しました。当日の「報道ステーション」では、(名前は出ませんでしたが)、私の「あなたたちを忘れない」「事件を風化させない」というメッセージが報じられました。26日朝のNHK「おはよう日本」では、献花台撤去に合わせて「ハートネットTV」のダイジェスト版が流されました。