伊東潤(作家)


 どこの世界にも困った人はいる。その中で最も困るのが、頭が固くて融通の利かない人である。こうした人は、己が正しいと思えば何を言っても聞かず、とにかく己の正義を押し通そうとする。しかも、こうした手合いに限って自分の利には疎いから厄介である。

 戦国時代におけるこの手の人の典型として、石田三成がいる。その生きざまには一貫性があり、一途に清廉潔白である。しかし、その頑(かたく)ななまでの姿勢が豊臣家を滅ぼしたのだから、正義とは何とも罪なものである。

 永禄3(1560)年、三成は、琵琶湖東岸の近江国坂田郡石田村で生まれた。少年期の三成には、有名なエピソードがある。

佐和山城の石田三成像
 長浜城主となった羽柴秀吉が鷹(たか)狩りの帰途、喉が渇いたので、近くの寺に寄って茶を所望した。すると姿を現した寺小姓は、碗(わん)に溢(あふ)れるほど、ぬるい茶を入れてきた。秀吉が、おかわりを所望すると、2杯目は少し熱くて碗半分ほどの茶を、さらに所望すると、少量の熱い茶を運んできた。この気配りに感心した秀吉は、その寺小姓をもらい受けた。これが後の三成である。

 これほど三成の人となりを端的に表したエピソードはなく、たとえ作り話だったとしても、恐ろしいほどのリアリティーがある。以後、三成は常に秀吉の傍らにあり、その才をいかんなく発揮し、秀吉お気に入りの一人になっていく。

 そのまま何も起こらなければ、織田家の一大名・羽柴家の家宰として三成は辣腕(らつわん)を振るい、直江兼続のような名声に包まれたまま、その生涯を終えていたことだろう。ところが運命は、秀吉・三成主従をそのままにしておかない。

 天正10(1582)年6月、秀吉の主君である織田信長が本能寺で斃(たお)れる。これを聞き、中国大返しを演じた秀吉は、主君の仇(かたき)である明智光秀を討ち、次代の天下人候補の筆頭に躍り出た。

 翌天正11年に対抗馬の柴田勝家を自刃に追い込み、天正12年から翌13年にかけて、政治的駆け引きによって徳川家康の封じ込めに成功する。こうしてライバルを次々と退けた秀吉は、天正13年、関白に任官する。この時、26歳の三成も従五位下治部少輔(じぶしょうゆう)に叙せられた。

 天正15年、九州の島津氏討伐の際に兵站(へいたん)を担当した三成は、8万にも及ぶ軍勢の兵糧や武器弾薬を切らすことなく戦場に送り込むという離れ業を演じる。しかも戦後処理にも手腕を発揮し、秀吉をなだめて島津氏を滅亡の淵(ふち)から救った。

 天正18(1590)年の小田原合戦では、兵站を同僚の長束(なつか)正家に任せ、武将としての実績を積むべく関東各地を転戦した。

 文禄元(1592)年に始まる朝鮮出兵では、漢城(ソウル)まで出張るなどして、日本軍を後方から支え続ける。ただしこの頃から、三成にも自己肥大化が始まる。

 本来、外征に反対だった三成は、同じく反対派の小西行長らと組み、この戦争を終わらせるために、さまざまな策謀をめぐらせた。「戦争を終わらせようとすることのどこが悪い」と言うなかれ。軍事作戦というのは最高司令官(この場合は秀吉)の意に反する動きをすれば、その被害は味方に及ぶ。つまり方針が決定したからには、それに従わねばならないのだ。

 太平洋戦争開戦前、米国との戦争に最も強く反対したのは山本五十六だった。しかし開戦と決まれば全力で敵に当たる。これが軍人の心得である。

 三成も行長も真の軍人ではなかった。それゆえ味方の和を乱し、味方を危機に陥らせることを平気でやった。それに加藤清正や黒田長政が腹を立てるのは当然である。

 この時、三成たちは、和睦条件を日明双方に都合のいいものに変えて秀吉に報告したり、主戦派の加藤清正を讒言(ざんげん)で陥れたり、勝手に撤退を図ったりと、秀吉の老耄(ろうもう)に付け込み、日本軍の足並みを乱した。これにより勝てる戦も撤退という結果に終わり、清正ら豊臣家武断派との溝は、修復できないほど広がった。それが豊臣家中の分裂、そして関ケ原へとつながっていく。


いとう・じゅん 昭和35年、横浜市生まれ。早稲田大卒業後、外資系IT企業勤務、コンサルタントなどを経て、平成19年に「武田家滅亡」で文壇デビュー。25年、「巨鯨の海」で山田風太郎賞受賞。