伊東潤(作家)


 豊臣秀吉の最晩年、石田三成は、五奉行の一人として豊臣家の執政的立場に就いた。しかし秀吉にも死が訪れる。これにより、三成は微妙な立場に追い込まれていく。

 もしも三成が、もう少し融通の利く人物だったら、豊臣家は一大名として江戸期も続いていた可能性が高い。もちろん何代か後に養子を入れられ、実質的に乗っ取られるか、織田家・今川家・関東足利家(喜連川(きつれがわ)藩)のように、数万石程度の高家(こうけ)扱いになっていたかもしれないが、生き残っていたのは間違いないだろう。しかし秀吉の死後、三成は何とも困った存在になっていく。

石田三成の居城で知られる佐和山城跡
 三成は、秀吉没後も妥協よりも正義を優先し、大局的見地から豊臣家全体の利益を考えなかった。声高に「太閤殿下の御恩」を叫んだところで、これまで対立関係にあった武断派大名たちが、三成の求めに応じるわけがない。豊臣家を後世に伝えていきたいなら、秀吉の生前に、辞を低くして彼らに歩み寄っておくべきである。それができなかったところに、三成のリーダーとしての限界があった。

 慶長4(1599)年閏(うるう)3月、徳川家康と三成の間に立ち、緩衝材的役割を演じていた前田利家が病没することで、事態は動き始める。早くもその夜、加藤清正や黒田長政に加えて池田輝政や福島正則といった武断派大名7人が三成を襲うという事件が起こった。襲撃は未遂に終わったが、「喧嘩(けんか)両成敗」を持ち出した家康によって、三成は失脚させられ、自領のある近江佐和山に退隠させられる。秀吉死後はもちろんだが、利家死後のシミュレーションができていない点だけ取っても、三成に先見性がなかったことは否めない。

 一方、武断派の決起を利用し、家康は豊臣政権の実質的執政となる。この時点で公儀(政権担当者)は家康となり、それが後々まで三成の足枷(あしかせ)となっていく。

 家康は、自らの仮想敵となり得る勢力を各個撃破していく段階に入った。すでに家康は59歳であり、残り時間はさほどない。

 慶長5年4月、家康が会津の上杉景勝に対して上洛(じょうらく)命令を発し、景勝がこれを拒絶することで、会津への出征が決定する。6月、家康は諸大名を率いて大坂城を出陣した。むろん背後で三成が挙兵するのは、予想の範疇(はんちゅう)である。

 一方の三成は、いったん江戸城に入っていた家康が、会津に向けて出陣したという報告を受けて挙兵した。この後の展開は、諸書で語り尽くされているので割愛する。いずれにせよ三成は関ケ原で大敗し、処刑されることになる。

 三成の敗因は奈辺(なへん)にあったのか。

 戦略・戦術論を横に置き、残された記録などから、その人格的欠点を考えてみよう。

▽管理統制志向が強く、何事にも厳格で、融通が利かない

▽嫌悪の情が激しく、いったん嫌いになると歩み寄らない

▽場の空気が読めず、相手の気持ちに対する洞察力に欠ける

▽対症療法的発想から脱せられず、先を見越した行動が取れない

▽交渉事では完全勝利を目指し、妥協点を見いだそうとしない

▽何かに失敗しても自責で考えることはなく、他責で考える

▽思い込みが激しく、自負心が強いため方針の修正もしない


 ざっと挙げると、以上である。

 三成の長所や美点は限りなくあり、私も三成を嫌いではない。しかし結論として、豊臣家滅亡の責任は三成にある、と断じざるを得ない。

 三成が、もう少し大局的見地に立って豊臣家の存続を考えていれば、豊臣家は滅亡せず、家康も徳望ある大人物として青史に名を刻み、三成自身も困難な舵(かじ)取りを担った執政として、地味ながらも名を残したはずである。それを思うと、残念でならない。

 敗者には、必然的に敗者となり得る人格的欠陥がある。それを証明してくれた一人が、石田三成なのである。


 いとう・じゅん 昭和35年、横浜市生まれ。早稲田大卒業後、外資系IT企業勤務、コンサルタントなどを経て、平成19年に「武田家滅亡」で文壇デビュー。25年、「巨鯨の海」で山田風太郎賞受賞。