世に「三成に 過ぎたるものが二つあり 島の左近と 佐和山の城」とうたわれた石田三成の重臣島左近。三成の所領が4万石だった時に半分の2万石を与えて左近を召し抱えたとの有名な逸話が伝えられる。

 島氏は大和国平群(へぐり)谷(奈良県生駒郡平群町)を本拠とし、奈良・興福寺の一乗院に属した。戦国時代には、同じく一乗院に属する筒井氏が大きく勢力を伸張させたので、島氏はこの筒井氏に仕えた。左近も筒井順慶(じゅんけい)の家臣となり、松倉右近とともに、「筒井の右近・左近」と並び称される有力武将となった。順慶は豊臣政権下、大和郡山城主となり、大和一国を領したが、天正12(1584)年に病没。養子の定次(さだつぐ)が家督を継いだが、翌年に伊賀上野城へ転封になった。左近は、この定次と反りが合わず、筒井家を退去。浪人となり、やがて三成に召し抱えられた。

大阪市淀川区十三東3の木川町共同墓地にある
島左近の墓
 慶長5(1600)年の関ケ原合戦においては、三成が西軍の事実上の主将であった。左近は9月14日の杭瀬川(くいせがわ)の戦いで、東軍の中村一栄(かずひで)・有馬豊氏(とようじ)隊を撃破し、その実力を存分に見せつけたが、翌日の決戦では、激戦の最中、東軍黒田長政隊の放った鉄砲に撃たれて、戦死を遂げたと伝えられる。『黒田家譜』は、鉄砲の弾が当たり落馬した左近は、嫡子新吉も既に戦死したと聞き、「扨(さて)は是までなり。我首をあげて深谷(しんこく)にかくせといひ付ければ、家人(けにん)其言(そのげん)のごとくにしたりける」とその最期を記し、『関ケ原軍記大成』は、「島左近は、黒田長政の鑓頭(やりがしら)、菅六之助(ろくのすけ)が打たする鉄炮に中(あた)りて、死亡せしといへるが実事(じつじ)なるべし」とする。

 ところが一方で、『戸川記』には、「嘉明(よしあき)の先手(さきて)と戦(たたかい)、切死(きりじに)せし大将は島左近也と云(いえ)り」とあり、東軍加藤嘉明隊の先鋒を務めた戸川逵安(みちやす)の軍勢が島左近を討ち取ったとする。この戸川家は江戸時代、備中国都宇(つう)郡(岡山市ほか)などに所領を持つ旗本として幕末に至ったが、同家には島左近着用とされる五十二間の筋兜が伝来した。のち久能山(くのうざん)東照宮に奉納され、現在は同宮の所蔵品となっているが、総覆輪(そうふくりん)の豪華な兜である。

 左近は黒田長政隊の鉄砲に撃たれて戦死したとするのが通説であるが、戸川家では、戸川逵安隊が左近を討ち取ったとし、証拠品まで存在するのである。

 けれども、実は関ケ原合戦後の首実検に左近の首はかけられてはおらず、左近討取の戦功も正式な認定はなされていない。

 さて、京都市上京区の立本寺(りゅうほんじ)に左近の墓がある。墓石正面に「妙法院殿嶋左近源友之(みなもとのともゆき)大神儀」、裏面には「寛永九壬申六月二十六日歿(ぼつ)」と刻まれ、台石正面には「土葬」とある。立本寺は日蓮宗(にちれんしゅう)の本山で、同寺塔頭の教法院(きょうほういん)には同じ没年を記した過去帳・位牌も伝えられる。これらによると、左近は関ケ原合戦で討死したのではなく、合戦後年も生きながらえ、寛永9(1632)年に亡くなったことになる。実際、関ケ原合戦後の左近生存を伝える史料は多く、『石田軍記』などは、嫡子新吉が戦死したにもかかわらず、それを承知で西国に落ち延びた左近を、「島左近は、まざまざと愛子(まなご)の討たるるを、援(たす)けんと思ふ心もなく、空知(そらし)らずして落行(おちい)きし」と非難する。

 寛永9年死去説もまた、通説に対する有力な異説であるが、大阪市淀川区の木川(きがわ)町共同墓地にも、島左近の墓がある。同地に伝わるところでは、島左近が妻と娘を連れてこの地に住み、娘は大阪天満宮社家(現、宮司家)の寺井家に嫁いだという。「寺井家系図」には、五代種定(たねさだ)の妻について、「大坂浪人島左近道斎の女(むすめ)」とあり、大阪市北区の南浜(みなみはま)墓地にある彼女の墓には「島氏」と刻まれている。
 (大阪城天守閣研究主幹 北川央)