2017年11月22日 12:49 公開

ジンバブエのロバート・ムガベ大統領が21日、辞任した。37年間にわたり政権の座にあった同氏の退陣を受けて、喜びをあらわにする国民の姿が各地で見られた。

議会の議長が読み上げた書簡でムガベ氏は、辞任の決意は自主的なもので、権力の移行が円滑に行われるためだと述べている。

すでに開始されていたムガベ氏に対する弾劾手続きは、急きょ停止された。

与党・ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(ZANU-PF)によると、ムガベ氏によって第1副大統領の職を解任されたエマーソン・ムナンガグワ氏が新大統領に就任する。

同国の政治的危機は、今月6日のムナンガグワ氏の解任が引き金となった。ムガベ氏が夫人のグレース・ムガベ氏を後継者にしようとする動きだとみた国軍が反発。兵士らが蜂起し、ムガベ氏を自宅軟禁下に置いた。

辞任が発表されると議員たちからは喜びの声が上がった。

現在93歳のムガベ氏は、辞任前まで世界で最高齢の国家指導者だった。軍による権力掌握や数日間にわたる抗議デモのなかでも同氏は退陣を拒否していた。

憲法の規定によれば、現在副大統領のフェレケゼラ・ムフォコ氏がムガベ氏の後継者になる。ムフォコ氏はグレース夫人の支持者として知られる。

しかし、ZANU-PFのラブモア・マトゥケ院内幹事はロイター通信に対し、ムナンガグワ氏が「48時間以内」に大統領に就任すると語った。

ムナンガグワ氏の居場所は公表されていない。同氏は21日、2週間前に国外退避したのは自らに対する暗殺計画があると知ったためだと語った。

英国のテリーザ・メイ首相は、ムガベ氏の退陣が「彼の統治を特徴付けた圧政とは無縁の、新たな道をジンバブエが選ぶ機会になる」と述べた。

メイ首相は、旧宗主国の英国は「ジンバブエの最も古い友人」だと述べ、自由で公正な選挙とジンバブエ経済の立て直しに最大限の支援を行うと表明した。

野党指導者、モーガン・ツァンギライ氏はBBCに対し、自由で公正な選挙を含む「新たな軌道」にジンバブエが乗るのを期待すると語った。同氏はムガベ氏が「立ち去り、最後の日々に休息できるように」すべきだと話した。

このほかの動き

首都ハラレの米国大使館は、「歴史的な瞬間」だとし、ジンバブエ国民が「声を上げ、平和的にまたはっきりと、待たれた変革の時が来たと示した」と祝辞を述べた。

南アフリカの主要な野党、民主同盟はムガベ氏の退陣を歓迎し、同氏が「解放者から独裁者」に変容していたと指摘した。

ジンバブエの著名な野党政治家デイビッド・コルタート氏はツイッターで、「暴君は排除されたが、独裁政治はまだ存在する」とコメントした。

市民運動団体の「プラットフォーム・フォー・コンサーンド・シティズンズ」は、政権移行に向けた国家的組織を作るための全ての政党が参加する対話を呼び掛けた。

ムガベ氏は政権の座にあった37年の間、選挙に勝ち続けてきたが、過去15年は政治ライバルに対する暴力が正当性に影を落としていた。

ムガベ氏の統治下でジンバブエの経済危機は深刻化した。国民の生活水準は1980年に比べ平均で15%低下している。

しかし、長年にわたり政権を掌握していたムガベ氏が退陣を余儀なくされたのは、大衆運動ではなく自ら率いる与党の分裂によってだった。

大きな影響力を持つジンバブエ独立戦争の退役軍人会のクリス・ムツバングワ会長はムガベ氏の盟友だったが、軍の蜂起後、ムガベ氏が「独裁者」で、「年を取るにつれ、妻の周囲に集まった盗賊にやりたい放題をさせた」と語った。

ムガベ氏とグレース夫人はハラレ近くの自邸にいるとみられる。

「実現した」

ムガベ氏の辞任を受けて、街中では人々が喜ぶ姿が見られた。

理容師のトゴ・ヌドフララムビさんはAFP通信に対し、「やっと変化の時がやってきたので、私たちはただすごくうれしい」と語った。

人権活動家のリンダ・マサリラさんはBBCに、「太陽の下で私ほど幸せな人間は今いない。私が生きている間にムガベが辞めると信じていたが、それが実現したんだから」と語った。

「今後は野党が再編成して、人々のことを思う政府になるようすべきだ。全ての人が含まれるべきだ」


ムガベ氏の略歴と統治時代の主な出来事

  • 1924年 英領南ローデシアのクタマに生まれる
  • 1964年 ローデシア政府によって投獄される
  • 1980年 ジンバブエ独立後の選挙で勝利
  • 1996年 グレース夫人と結婚
  • 2000年 国民投票で敗退。しかし、ムガベ氏を支持する民兵が白人所有の農場を襲い、野党支持者を襲撃
  • 2008年 第1回投票でモーガン・ツァンギライ氏に敗れる。ジンバブエ全土でツァンギライ氏の支持者が襲われるとツァンギライ氏は決選投票から撤退
  • 2009年 経済が崩壊状態のなか、ツァンギライ氏を首相に任命。同氏はその後4年間にわたって国民統一政府の困難な舵取りを強いられた
  • 2017年 ムナンガグワ第1副大統領を解任。グレース夫人を後継者に据える準備だとみられた。国軍が介入し、ムガベ氏の辞任を要求した

(英語記事 Zimbabwe's Robert Mugabe resigns, ending 37-year rule