2017年11月23日 9:00 公開

ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は20日、格安航空券の利用客は一番最後に搭乗することになる新方針を発表した。12月12日から開始するという。新しい搭乗方式では搭乗券に1から5の数字が印刷される。「1」はファーストクラス。格安航空券は「5」になる。乳幼児を連れた乗客や移動が不自由な乗客はこれまでどおり、優先的に搭乗できる。新しい搭乗方式についてBAは、搭乗手続きの簡素化のためだと説明している。しかし利用者のなかには、「階級制度」にもとづくもので、乗客の便宜をさらに損なうものだと批判する声もある。ツイッターでは「@scottishcringe」さんが「英国の階級制度ほど、自分の立場を思い知らされるものはないな!」と書いた。「@samvines6」さんは、「誰がこんなバカなこと考えてついたんだ? 搭乗手続きを良くしたいなら、値段じゃなくて座席のブロックごとに乗せればいい」と書いた。一方で、頻繁に飛行機に乗る立場でブログを書いているベン・シュラピッグさんは、「これは機体の種類に関係なく広く使える方法で、乗客にも理解しやすい」、「明らかにこれで搭乗方法は分かりやすくなるので、自分は歓迎する」と評価している。