2017年12月19日 18:49 公開

H・R・マクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)はBBCとのインタビューで、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮体制の協力がなかったとしても、必要となれば強制的に同国を非核化する準備ができていないくてはならないと述べた。

マクマスター補佐官は、昨年の米大統領選に対するロシアの介入疑惑から、ドナルド・トランプ大統領がツイッターで発信し続けるなかで働く難しさまで、さまざまなテーマについて語った。インタビュアーはヤルダ・ハキム記者。