2017年12月27日 16:25 公開

米ペンシルベニア州エリーに住む女性が、2840億ドル(約32兆円)超の巨額な電気代を請求された。女性は呆然としたものの、間もなく間違いだと分かった。

メアリー・ホロマンスキさんによると、請求書には今月末までにまず2万8176ドル(約320万円)を払い、2018年11月までに総額2844億6000万ドルを払い終えるよう書いてあったという。

ホロマンスキさんは地元紙エリー・タイムズ・ニュースに対して、「目が飛び出るところだった」と話した。「クリスマスの電飾を付けていたので、付け方が悪かったのかと心配になった」。

電力会社は後に、実際の電気代は284.46ドル(約3万2200円)だと訂正した。

広報担当のマーク・ダービンさんは、なぜこのような間違いがこうした間違いがどうして起きたのか分からないと話している。

「数十億ドルの請求書など見た覚えがない」とダービンさんは、エリー・タイムズ・ニュースに話した。

「当社の間違いをわざわざ指摘してくださったお客様に感謝する」

(英語記事 Pennsylvania woman gets $284bn electricity bill