2017年12月29日 13:23 公開

ケリー・リー・クーパー、BBCニュース

ロサンゼルス発成田行きの全日空機が26日、搭乗券を持たない「不正規の乗客」の搭乗発覚を理由に、飛行途中でUターンし、出発から8時間後にロサンゼルスに戻った。

200人以上の乗客には米歌手ジョン・レジェンドさんと妻でモデルのクリッシー・テイゲンさんが含まれ、テイゲンさんが状況をツイッターで920万人のフォロワーに「実況」していたため、騒ぎが広く知れ渡った。

ソーシャルメディアでは、「いったいどうやって」という点に疑問が集中した。空港警備がこれほど強化されているこの時代、チケットを持たない人がいったいどうやって搭乗できたのか。

テイゲンさんは機内から、「こんな飛行体験は初めて。11時間のフライトの4時間目に入って、引き戻している。このフライトに乗客じゃない人が乗っているので。どうして……どうしてみんな戻らなきゃならないの。分からない」とツイートした。

https://twitter.com/chrissyteigen/status/945827499761692672

空港警備は

政府関係者はBBCに対して、「どこにも行かないフライト」の謎の乗客について、空港警備を正しく通過したものの、乗るべきフライトに乗らなかったと確認した。連邦捜査局(FBI)は事実関係を調べているが、立件には至っていないという。

米メディアによると、東京を目指す兄弟2人が、別々の航空会社のフライトに予約したものの、同じ便に乗ってしまったのが混乱の原因だったという。

全日空とユナイテッド航空の間には、共同運航便の取り決めがある。さらに、両社とも似た時間帯にロサンゼルスから東京へ向かう別便を運航している。これが、混乱の原因だったかもしれないと言われている。

引き返したフライトの乗客はBBCに対して、乗務員が食事を配る段階になって初めて間違いが発覚したと話した。食事の数が足らず、予備の分を配ったのが、気づくきっかけだったという。

「ビードゥープって鳴るだけ」

ユナイテッド便に乗るはずだった乗客が全日空便に乗っていたらしいと説明を受け、モデルでテレビ司会者のテイゲンさんは、「つまり、搭乗券のスキャナーっていうのは、何を調べてるわけでもなく、ビードゥープって鳴るだけのビードゥープ・マシンなんだ」とツイートした

航空警備に詳しいジェフ・プライスさんはBBCに、搭乗券スキャナーはスタッフに、乗客の座席の位置を知らせるのが普通だと話した。もし非常口の隣の列ならば、緊急時に非常口を開いてもらうことになるが大丈夫かと確認されるかもしれない。チケットに問題があったり、QRコードが読み取れないなら、スタッフが気づくように合図がでるはずだという。

「ソフトウェアのバグか、なにか技術的な問題だったかもしれない。めったにないことで、たまたまの偶然が本当にたまたまピタッと重なったのか、まったくの完全なミスだったのか」とプライスさんは言う。

テイゲンさんとレジェンドさんの近くに座っていた乗客は、「こんなものすごい初ツイート、ありえない。ロスからロスまで8時間のフライトを、クリッシー・テイゲンとジョン・レジェンドと一緒に耐え抜いたところ」と写真付きでツイートした。

https://twitter.com/Raffywu/status/945866160054050821

よくあることなのか

よくあることではないが、前例はある。年間数億人が飛行機で移動する米国の空港では、一番最初のセキュリティーチェックを最後に、身元の確認がないまま搭乗できることもある。

今年初めには、ニューヨーク郊外のニューアーク空港から間違った便に乗ったフランス人女性が、パリではなくサンフランシスコに到着してしまった。

ルシー・バエトゥキレさんのめいは地元メディアに、英語が話せないバエトゥキレさんは、搭乗ゲート変更のアナウンスが理解できなかったのだと説明した。自分のだと思う座席に別の人がいたので、乗務員に相談したところ、空席を探すようにとだけ言われたという。

航空ブロガーのジェイソン・ラビノウィッツさんはBBCに、自分がドイツに向かう時にも同じ経験をしたと話した。まったくの偶然ながら、まったく同姓同名の乗客2人が、別の都市へ向かおうと別のフライトに予約していたのだが、両名とも同じフライトに乗ってしまったのだという。離陸直前に乗客の人数を確認して初めて、乗務員は間違いに気づいた。

「ミスがいくつも重ならないと、こうはならなかったはずだ。おそらく、人為的ミスが重なったのだと思う」とラビノウィッツさんは話した。

なぜ引き返したのか

全日空は、乗客が便を間違って乗っていると客室乗務員が気づいたため、ロサンゼルスに引き返すと機長が判断したと発表した。

同社は英語ツイートで、「175便の乗客の皆様にお詫びします。目指すカスタマーサービスを提供できませんでした。すべてのご意見に感謝します。皆様とつながり、学び、より良いサービスを提供する機会に感謝します。これを是正するためどのように取り組むべきか理解できるよう、引き続きフィードバックをありがたく歓迎します」と書いた。

https://twitter.com/FlyANA_official/status/946085282520096768

しかし、セキュリティー専門のプライスさんは、このような事態で旅客機が引き返すのは「とても異例だ」と話す。

「離陸滑走中に乗客のひとりが、乗る便を間違ったと気づいたのに乗り合わせたことがあるが、それでも目的地まで行かなくては駄目だと言われていた」

引き返したりすれば、燃料や乗客への補償、交代乗務員の手当て、乗継便への影響などを含めて、その費用は何十万ドルにも及ぶからだという。

乗務員はロサンゼルスに戻ったころには、法的な勤務時間を超過していたため、翌日早朝に出発した代替便には別の乗務員を揃える必要があった。

「機長が引き返すと判断するには、3つの理由がある。安全とセキュリティーと健康上の理由だ」とプライスさんは言う。

テイゲンさんはツイッターで、「どうして1人のミスのために全員が罰を受けなきゃならなかったの? 東京に着陸してから、その人を送り戻せば良かったんじゃないの?」と書いた。

しかし、プライスさんが指摘するように、米政府の規定では、最終的は決定権は機長にある。

全日空は、「乗客と乗員の安全」に最大限に配慮した機長の判断を支持する態度を示している。

(英語記事 LA-Tokyo U-turn: How can you fly without a ticket?