1月4日、膵臓がんで亡くなった星野仙一氏(享年70)の監督人生を語る時、大打者・落合博満の存在は欠かせない。1986年オフ、中日・星野監督の誕生直後に1対4の世紀の大トレードでロッテから2年連続三冠王の落合が移籍。1985、1986年と2年連続5位に終わっていた中日だったが、1988年には6年ぶりとなる優勝。星野と落合は優勝請負人の役割を果たした。

 だが、学生時代に上級生のしごきに嫌気が差していたという落合と、時に鉄拳制裁を食らわせながらも選手を育てていた星野氏の野球観が一致していたとは言い難く、スポーツ紙などで度々確執が報じられていた。

 1988年を含め、中日ドラゴンズは球団創設以来、9度のリーグ優勝を果たしている。そのうち2度は星野氏(1988年、1999年)、4度は落合氏(2004年、2006年、2010年、2011年)であり、2人で3分の2を占めている。星野氏は2003年には阪神を18年ぶりに、2013年には楽天を球団創設初の優勝に導いており、2人ともプロ野球史に残る名将と言って差し支えないだろう。
2011年2月、中日とのオープン戦の試合前、落合博満監督(右)とメンバー表を交換する楽天・星野仙一監督(森本幸一撮影)
2011年2月、中日とのオープン戦の試合前、落合博満監督(右)とメンバー表を交換する楽天・星野仙一監督(森本幸一撮影)
 一見、馬が合わないように見える2人には、監督としてある共通点があった。1990年代、中日のエースだった今中慎二は自著『中日ドラゴンズ論』で星野監督が落合に怒りを爆発させた場面を見て、仰天したと書いている。1990年5月24日の巨人戦、絶不調に陥っていた落合は2回、セーフティーバントを試みる。まさかの行動に巨人は意表を突かれた格好に。この出塁をキッカケに中日はこの回、2点を奪って逆転した。しかし、試合後のミーティングで星野監督は落合にこう激怒したという。

「なんでバントなんかしたんだ! バントさせるときは俺がサインを出す。勝手にやるな。4番なんだから4番らしい仕事をせぇ。罰金だ!!」

 これを目の当たりにした今中は〈「怒る」星野監督のもとチームが結束していたのは、若手でもベテランでも、もちろんコーチに対してでも特別扱いしなかったことが大きかったと思います〉〈星野監督は筋が通った監督だったと思います〉などと綴っている。野球担当記者が話す。