「安楽死は安楽に死ねない死」


小笠原文雄(日本在宅ホスピス協会会長、小笠原内科院長)

 「死」は誰にでも必ず訪れます。自殺や他殺、病死など死に方にはいろいろありますが、今回のテーマである「安楽死」は、広辞苑(こうじえん)によると「助かる見込みのない病人を、本人の希望によって苦痛の少ない方法で人為的に死なせること」とあります。安楽死とは本当に苦痛の少ない死に方なのでしょうか。「安楽死は安楽に死ねるのか」、「安楽死は人に迷惑をかけない死に方なのか」、さらには「安楽に死ねる方法」などについて、私の考えを書きたいと思います。

 皆さん、安楽死の実態をご存じですか。日本語とは面白いもので、「安楽死」と書いてあると、漢字の持つ意味やイメージから「安心・安楽…」など、自分の希望に沿った解釈をしてしまいがちです。しかし、本当の安楽死は、殺伐とした重苦しい空気の中、医師たちの管理下で他殺や自殺幇助(ほうじょ)が行われる「殺」であり、「安・楽」とは異質です。

 そもそも安楽死とは、他殺行為・自殺幇助であり、現在の日本の法律では認められていません。世界ではスイスを始めとするヨーロッパ諸国の数カ国、アメリカの数州などで認められています。それらの中でも、外国人の安楽死を受け入れているのはスイスにある「ディグニタス」という団体だけだと思います。それだけでも安楽死が非人道的な死に方であることが分かります。
(iStock)
(iStock)
 スイスのディグニタスでは、安楽死を「自殺幇助」という形で行っています。あくまで「幇助」ですから、医師は直接的な行為はせず、死ぬことができる薬液をコップに入れ、「これを全部飲めば死ねますよ」と言って安楽死を望む人に渡すようです。

 安楽死を望む人はそれを飲み、自殺をするのです。飲み切らないと死ねません。一瞬では死ぬことができないので、途中で飲めなくなる人もいると思います。中途半端に毒を飲んでしまったら、死ねない上に悲劇が待っていることでしょう。「死にたい」とその場で言っている人でも、実際に死ぬとなればどんな気持ちになるかは、その時その人にしか分からないものです。

 次にアメリカにおける安楽死の方法をご紹介します。アメリカでは外国人の安楽死を受け入れていないので、日本人は受けることができません。また、アメリカといっても広いので州によっても違いますが、死ぬための点滴を用意してもらい自分の意思で点滴を開始して自殺するなどの方法があるようです。

 人はこのような死に方に光を見いだすことができるのでしょうか。自殺幇助や殺人では、暖かい空気に包まれた中で死ぬことができるはずもなく、「安楽死は安楽に死ぬことができない死」であることがお分かりいただけたと思います。

 続いて、「安楽死は人に迷惑をかけない死に方か」という点について述べたいと思います。私は違うと考えます。なぜなら、医師は人の命を助けたいと希望し、その職業を選択しているからです。その医師に安楽死を望むということは、自殺幇助・他殺という「殺」行為をさせることです。医師も人です。これは迷惑の極みです。