2018年01月09日 14:40 公開

アンソニー・ザーチャー北米担当記者

米ゴールデングローブ賞授賞式の冒頭、司会のセス・マイヤーズ氏は冗談めかして人気司会者・女優・実業家・プロデューサーのオブラ・ウィンフリー氏に、大統領選に出てはどうかと促した。ウィンフリー氏が式典の後半で披露した受賞スピーチは、冗談どころでは済まない内容だった。

一部の米メディアはすでに、ウィンフリー氏が大統領選への出馬を積極的に検討しているという報道を始めている。

米国におけるトークショーの女王は、女優として映画に出演したほか、数々の映画やテレビ番組をプロデュースし、今ではケーブルテレビ事業も手掛けている。

そのウィンフリー氏の受賞スピーチは、効果を計算して練り上げられたもので、まるで大統領候補が各地で繰り返す定番の演説のようだった。

なぜそう聞こえたのか。理由はいくつかある。

1. 自分の生い立ちを語った

1964年のことです。は小さい女の子で、ミルウォーキーにある母の家でリノリウムの床に座っていました。第36回アカデミー賞の授賞式、アン・バンクロフトが最優秀主演男優賞を発表するのを見ていました。封筒を開けた彼女は、文字通り歴史を変えた単語を5つ、口にしたんです。『The winner is Sidney Poitier(勝者はシドニー・ポワチエです)』」

近年の米国政治では、「本物」という言葉がはやっている。2016年大統領選でドナルド・トランプ氏が、洗練された政治家を次々と倒してホワイトハウス入りを果たしたからだ。

アフリカ系の米国人女性として初めて、ゴールデングローブ賞の功労賞を受賞したウィンフリー氏は7日夜、アフリカ系米国人が初めてアカデミー賞の主演賞を受賞した瞬間を、自分は少女として見ていたのだと振り返り、受賞スピーチを始めた。

自分の「つつましいルーツ」を振り返るのは、手練れな政治家の定番の手法だ。米政界では、立身出世を果たしてエリートとなった人でも、こうした生い立ちを強調することで、一般市民に親近感を抱いてもらうようにするのが常套(じょうとう)手段だ。

ウィスコンシンという、工場労働者の多いラスト・ベルト(さび地帯)にある、選挙結果を左右する重要な州で、自分は庶民的な「リノリウムの床」に座って少女時代を過ごしたのだと、視聴者にあらためて認識させた。ウィンフリー氏は大事なポイントをしっかり押さえている。

2. 動機の説明

「私は確信しています。自分の真実を語ることこそ、私たち全員が持つ最強の武器です」

権力と闘う真実。これは米国政治で特に新しいテーマではないが、効果的なのは間違いない。

トランプ氏もこのテーマを自分流に駆使して、選挙戦を戦った。就任演説では「国民が負担を担っている間に、政府の恩恵をほしいままにしてきた」職業政治家たちを激しく非難。選挙戦の当初から常に、自分は政界の「アウトサイダー」だと強調した。

ウィンフリー氏は受賞スピーチで、報道や真実が攻撃されていると述べ「絶対的な真実」を明らかにする自由なメディアを短く称えた。

そして続けて、自分のメッセージの対象を、家政婦や工場労働者、医師、兵士など様々な立場で、「長年の暴力や暴行に耐えてきた」すべての女性たちに広げた。

もしウィンフリー氏が出馬するなら、対立候補は彼女はハリウッドの住人で、現実を何も分かっていないと攻撃するだろう。それに対してウィンフリー氏は、上のような発言を繰り返すことで、自分を「権力と闘う真実の代弁者」、社会運動の代弁者と位置付けようとするかもしれない。

3. 感動的なエピソード

「リシ-・テイラーさんは10日前、98歳の誕生日の直前に亡くなりました。彼女は私たちみんなと同じように、残酷に強力な男性たちに破壊された文化の中で長すぎる歳月を生きました。あまりに長いこと女性たちは強力な男性たちの権力を前に、あえて真実を語ろうものなら、聞いてもらえず、信じてもらえなかった。けれどもその男たちはもう時間切れ。連中はもう時間切れです!」

スピーチの半ばでウィンフリーさんは、話の焦点をあらゆる女性から1人の女性に絞った。1944年に6人の白人男性に誘拐、強姦された、リシー・テイラーさんの話に。

リシーさんの事件は、全米黒人地位向上協会(NAACP)とローザ・パークスさんが取り上げたが、一部の男たちが犯行を認めていたにも関わらず起訴されなかった。パークスさんがアラバマ州モンゴメリーのバスで座席差別に抗議した、11年前のことだ。

ロナルド・レーガン元大統領は1980年代の一般教書演説で、論点を説明するために、自分にとっての英雄のエピソードを紹介するという技法を導入した。今や政治スピーチの定番となっている技法だ。ウィンフリー氏はこれもまた、効果的に駆使した。

4. 行動の呼びかけ

「今これを見ている女の子全員に、新しい日がもうすぐ明けると知ってもらいたい。その新しい夜明けがついに来たら、それは大勢の素晴らしい女の人と、今晩この会場にもその大勢がいます、かなりすごい男の人たちのおかげです。もう二度と誰も『私も』などと言わなくて済む時代に、私たちを連れて行ってくれる、そんな指導者になろうと一生懸命戦っている人たちのおかげです」

選挙スローガンのバンパーステッカーや庭に立てる看板の印刷を、今から始めてもいいくらいだ。

響きの良い、覚えやすくキャッチーなスローガンは、選挙運動になくてはならない。ウィンフリー氏の「a new day is on the horizon(新しい日がもうすぐ明ける)」はこれにぴったりだ。その直前に言った、「for a brighter morning(もっと明るい朝へ)」も、選挙スローガンにふさわしい。

音声を消して、もう一度スピーチを見直してほしい。会場を埋める有名人たちが、ウィンフリー氏の言葉を一言たりとも聞き漏らすまいとしているのに注目してほしい。ウィンフリー氏は見事に、客席ときずなを作った。そしておそらく、自宅で観ていた多くの視聴者とも。

しかしながら……

誰が大統領選に出る出ないの憶測はもちろん、浮かんでは消えていく。そして、政治の世界では2020年など、はるか先のことだ。

それでも、もしウィンフリー氏にその気があるなら、ドアは開かれている。

あのスピーチは、決して偶然ではなかった。スタッフと共に、米国人の好みや気分をある程度承知している強力な女性が、自分の全国区ブランドを国民の目の前で作りかえてみせたのだ。

ウィンフリー氏には知名度と資金力がある。7日のスピーチから察するに、大勢に伝えたいメッセージもあるらしい。

米紙ニューヨーク・タイムズのアレックス・バーンズ記者は、民主党の誰なら、ウィンフリー氏と予備選を互角に戦えるだろうかと問いかけている。

そんな真似ができそうな人は、実に少ない。バーニー・サンダース上院議員だろうか。それともジョー・バイデン前副大統領か。もしくは、エリザベス・ウォーレン上院議員といったところか。

確かに、ウィンフリー氏は政治の素人だ。トランプ政権の4年を経た米国民は、行政経験者を求めるだろう、あるいは大衆的な扇動者を求めるはずだと、民主党は判断するかもしれない。

大統領選でのトランプ氏は何があってもビクともせず、何を非難されても大打撃を受けることがない。そんなように見えた。

一方のウィンフリー氏が、全米が注目する政治的舞台でどう持ちこたえるかは、まったくの未知数だ。

ウィンフリー氏は大人気のトークショーで米国の中間層を代弁していたが、ハリウッドのリベラルエリートとのつながりは、政治的にはマイナスになる可能性がある。

とは言うものの、ウィンフリー氏が言う、間もなく明ける「新しい日」が来れば、知名度と政治はもはや切っても切れない関係のものになるのかもしれない。

現代の合衆国大統領とは何か。その意味するところ、そして必要とされる資質は、トランプ氏によって完全に塗り替えられたのかもしれない。だとするならば7日夜はもしかすると、実に特異な2020年大統領選の、スタートの合図だったのかもしれない。

(英語記事 Oprah Winfrey - does speech provide clues about presidential run?