2018年01月17日 15:23 公開

スウェーデンの大手ファストファッションブランド「H&M」が、オンライン・ショップに載せていた写真が「人種差別」だとソーシャルメディアで大勢から非難され、謝罪すると共に、写真を削除した問題で、パーカーを着た黒人少年の家族が、スウェーデン国内で「安全のため」引っ越したことが分かった。男の子の母親がBBCに明らかにした。

問題のパーカーを着た子供モデル、リアム・マンゴ君(5つ)の母親テリー・マンゴさんが、「H&M」に人種差別の意図はなく、「(狼がいないのに)狼だというのはやめたほうがいい」と発言したため、ソーシャルメディアでは反発の声が上がった。

南アフリカの首都ヨハネスブルクでは12日、写真に抗議する人たちが複数のH&Mの店舗に乱入して荒らす事件もあった。抗議行動は急進派政党「経済的解放闘志(EFF)」が組織したもの。

マンゴさんは、家族がストックホルムから引越す原因となった「安全上の懸念」について具体的に明らかにしていないが、ヨハネスブルクでの抗議行動も一因だと話した。

マンゴさんはBBCラジオ番組「アウトサイド・ソース」に対して、それでもなお「H&M」に人種差別の意図はなかったと今でも確信していると話した。

「この件についてほかの人の意見も尊重するし、人種差別が存在することも知っている。けれどもあのシャツを見て、自分が『人種差別だ』と思うか? いいえ」とマンゴさんは述べた。

マンゴさん自身が人種差別を経験したこともあり、大問題だと認めているが、H&Mを非難しないことを他の黒人から非難されているという。

「その人たちにとって、私は裏切り者なんです。黒人やアフリカ系アメリカ人にとって、恥さらしなんです。私は金のために息子を売り飛ばしたんだそうです」

https://twitter.com/effjoburg/status/952107042961022978

ヨハネスブルクのH&M店舗での抗議に参加した「Effjoburg」さんは、「外じゃない、中にいる」と写真をツイートした。

現場の映像では、抗議する人たちが店のディスプレイを荒らし、服のラックを蹴飛ばしたり、マネキンを倒したりしている様子が見える。警察は、鎮圧のためにゴム弾を使用した。

H&Mのボイコットを呼びかける動きは世界各地に広まり、カナダのミュージシャン「The Weeknd」や米国のミュージシャン「G-Eazy」も、H&Mとの関係を解消すると発表。「The Weeknd」さんは、パーカーの写真を見て「ショックを受けて、恥ずかしくなった」とコメントした。

母親のマンゴさんによると、パーカーを着ていたリアム君は、自分の写真をめぐり騒ぎが起きていることを知らずにいるという。

「何が起きているか、まったく知らないでいる。たった5歳なので(中略)まだ(人種差別を)経験していない。ただ無垢(むく)なままでいてほしい」とマンゴさんは話した。

(英語記事 Family of H&M child model moved house 'for security'