2018年01月17日 17:00 公開

米女子体操五輪チームの元スポーツ医師ラリー・ナッサー被告(54)による選手などへの性的虐待をめぐる裁判で、被害者の女性や自殺した被害者の母親が証言台に立ち、可能な限り重い刑を科すよう訴えた。

裁判では100人近くが証言台に立つ予定。ナッサー被告は罪状を認めている。